最新ランキングをチェックしよう
滋賀県の遺跡で大型の建物跡!邪馬台国時代の巨大勢力の拠点の可能性も

滋賀県の遺跡で大型の建物跡!邪馬台国時代の巨大勢力の拠点の可能性も

  • Japaaan
  • 更新日:2016/10/19

滋賀県彦根市の南部、琵琶湖の東側に位置する『稲部遺跡』。総面積は約20万平方メートルの、弥生時代から古墳時代前期を中心とする大規模集落遺跡です。
田園地帯にあるこの遺跡で、古墳時代前期(3世紀中頃)の大型の建物跡と鍛冶工房跡23棟が新たに見つかりました。これは、同時期の邪馬台国の有力地とされる、奈良県桜井市の纒向遺跡(まきむくいせき)に次ぐ規模。

画像出典:産経WEST

新たに見つかった建物跡

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「炭酸はキャップの隙間から抜けるからペットボトルを逆さまにすると抜けにくい」Twitterで拡散 本当なの? メーカーに聞いた
「無条件に愛される女性」になる3つの方法
SNS上で超話題となっている知能検査と称したこの計算問題、君は解くことができるかな?
「お姉ちゃん」につい頼ってしまう育児の難しさ 母親を支える長女の大変さに気付いたという漫画に共感集まる
特攻兵器「桜花」は、日本軍の「忖度」が生んだ哀しい失敗作だった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加