逆転負けのDeNA、連勝は「8」でストップ G山口俊に今季初完投許す

逆転負けのDeNA、連勝は「8」でストップ G山口俊に今季初完投許す

  • ベースボールキング
  • 更新日:2018/04/17
No image

巨人戦に先発したDeNA・飯塚=ハードオフ新潟(C)KYODO NEWS IMAGES

● DeNA 2 - 3 巨人 ○
<4回戦・新潟>

巨人が先発・山口俊の好投もあり連敗ストップ。DeNAは逆転負けを喫し、連勝は「8」で止まった。

DeNAは地元・日本文理高出身の飯塚が凱旋先発。制球に苦しみながらも要所を締め、5回を1失点で乗り切った。1点リードの6回も続投したが、二死から5番岡本に左前打を許し、ラミレス監督は継投策を選択。しかし、代わったエスコバーが6番亀井に逆転2ランを浴び、飯塚の今季初勝利、凱旋白星ともに消滅した。

打線は1点を追う3回、二死から4番ロペス、5番宮崎が連続適時打を放ち逆転。しかし、4回以降は再び山口俊に封じられた。

巨人は3回、3番ゲレーロの2号ソロで先制。1点を追う6回は、亀井が値千金の2ランを放ち逆転した。投げては山口俊が、9回5安打14奪三振2失点の快投。2勝目を今季初完投で飾った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
宮迫博之も「とんでもない」、大谷翔平の“目標達成シート”がスゴすぎる!
ハム高梨、わずか91球の完投勝利に自身も驚嘆「奇跡ですね」
森監督、屈辱大敗に「バスケットでもやってたのか」
DeNAロペスにビール1年分 キリン看板直撃弾で
“世界一”アストロズは大谷翔平を日ハム時代映像まで使い丸裸にしていた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加