ハム斎藤佑、連続ダウン更改に「当然」 4年計1500万減の2000万円でサイン

ハム斎藤佑、連続ダウン更改に「当然」 4年計1500万減の2000万円でサイン

  • フルカウント
  • 更新日:2016/11/29
No image

「一番使えたボールはフォーク」、来季巻き返し誓う

日本ハムの斎藤佑樹投手が29日に札幌市内の球団事務所で300万円減の年俸2000万円で契約更改した。斎藤は会見で、「下がりました。下がったことは当然だろうと思っています。来年に向けて、また頑張らないといけない気持ちになりました」と話した。

斎藤は今季11試合登板(3試合先発)、0勝1敗、防御率4.56と不本意な成績に終わった。昨オフから先発ローテーション入りを目指したが、開幕2軍スタート。5月5日に中継ぎとして1軍昇格し、今季初先発だった6月29日の西武戦(札幌ドーム)では5回途中5安打2失点。7月13日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で5回3安打無失点も勝ち星は付かず、6月29日の西武戦(札幌ドーム)で3回2/3で6安打5失点で初黒星を喫した。

9月にリリーフで2試合登板したが、レギュラーシーズンでは3年ぶりに勝ち星なし。クライマックスシリーズ、日本シリーズでの登板はなくプロ6年目のシーズンを終えた。会見では終始厳しい表情で臨み、「やっぱりチームが日本一になって、自分自身は活躍できなかった。悔しい気持ちです。先発で勝つことが出来なくて、その時から悔しい思いをしてました」と振り返った。

2010年ドラフト1位で日本ハム入りし、プロ1年目の11年は年俸1500万円。6勝を挙げて12年は倍増となる3000万、開幕投手を務めて5勝を挙げた13年は3500万と増額した。しかし、13年シーズンは右肩痛の影響で勝ち星なく、14年は2800万、15年は2500万、16年は2300万。4年連続ダウン更改、計1500万円減額となった。

来季へ向けて「もうやるしかないので。与えられた場所で精いっぱいやるだけです。一番使えたボールはフォーク。フォークを軸に、磨きをかけて足らないことを克服できるようにしたい。1試合でも多く投げて、1試合でも多く勝てるように頑張ります」と意気込みを語った。(※金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
寺島「新人王目指す」=ヤクルトが新入団発表-プロ野球
ハム連覇へ村田透が強い決意 栗山監督も活躍確信「間違いなく数字残す」
各球団発表、12月8日の入団、背番号変更、スタッフ人事は?
楽天・堀内「見ないと絶対に損をする」 コボスタ宮城のイルミネーションをPR
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加