ヘビーデューティ仕様で多機能 新しい映像表現を可能にする高画質コンパクトデジカメ

ヘビーデューティ仕様で多機能 新しい映像表現を可能にする高画質コンパクトデジカメ

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2017/09/16
No image

スマホの勢いに押され気味といわれるコンパクトデジタルカメラだが、スマホにはまねのできない独自の高機能で対抗する時代となりそうだ。それを象徴するのが、ソニーがこの秋に発売するサイバーショットRX0(DSC-RX0)。高い防水性と衝撃にも強い堅牢性を備えたボディ、ワイヤレス/有線接続による複数台でのマルチポイント撮影などの多彩な表現ができる。高画質で名高いツァイスのテッサーT*24mm/F4.0レンズに約1530万画素の1.0型CMOSイメージセンサーの組み合わせで、さまざまなシーンでの美しい画像が残せるはず。

さらに表現の幅を広げるのが豊富な撮影機能だ。最大40倍のスーパースローモーション(960fps)、高速撮影で発生しやすい動体歪みを抑えた最高1/32000秒の高速シャッター、16コマ/秒の高速連写、全画素読み出しの4K動画出力が可能。また、ワイヤレスユニットによる最大15台のリモートレリーズ撮影やスマホアプリからの画角確認(最大5台)やシャッター/録画の操作ができるようになっている。

No image

映像クリエーターの創造心を刺激するDSC-RX0、オープン価格(市場想定価格は8万円前後)で、10月27日発売の予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
消しゴム0.002ミリの変位も察知!モアレで物体計測を変える4Dセンサー
アップルはiPhoneよりスゴイものを発表していた
BOSE、初の左右分離型イヤホン SoundSport Free発表。5時間バッテリーにIPX4の防水、10月上旬発売
メカニカルで低背なキーボードを衝動買いしたら、20年近く使ったキーボードから乗り換えていいと思った件
「Googleドライブ」の終了と新サービス「Backup and Sync」について知っておくべきこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加