最新ランキングをチェックしよう
慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質 - 大阪市大が発見

慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質 - 大阪市大が発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

大阪市立大学(大阪市大)などは10月17日、原因不明の疾患である慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質が存在することをメタボローム解析により明らかにしたと発表した。
同成果は、大阪市立大学医学研究科システム神経科学 山野恵美特任助教、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター 渡辺恭良センター長、片岡洋祐チームリーダー、関西福祉科学大学健康福祉学部 倉恒弘彦教授、慶應義塾大学先端生

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
土星探査機カッシーニの残した最も偉大な映像と発見
道路の雪が自然に溶けるコンクリート、米研究チームが開発
意味が分かると怖い話(遊んでいたら・・・)
恐怖の記憶とそれを忘れる過程には、異なる神経が関わっていた - 理研
医師たちが告発「がん免疫療法、うかつに信じてはいけない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加