最新ランキングをチェックしよう
慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質 - 大阪市大が発見

慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質 - 大阪市大が発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

大阪市立大学(大阪市大)などは10月17日、原因不明の疾患である慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質が存在することをメタボローム解析により明らかにしたと発表した。
同成果は、大阪市立大学医学研究科システム神経科学 山野恵美特任助教、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター 渡辺恭良センター長、片岡洋祐チームリーダー、関西福祉科学大学健康福祉学部 倉恒弘彦教授、慶應義塾大学先端生

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
天才物理学者ホーキング博士が「人類は月に行き別の惑星を目指すべき、それ以外に選択肢はない」と語る
東北大、ブラックホールジェットの謎を解き明かすふたつの研究成果
AIがディープラーニングで生成した絵がクセになる美しさ
ヌーの大量死 毎年6200頭が生態系にもたらす意外な恩恵 アフリカ
ミッドウェー海戦は、日本人が生んだ技術に日本が敗けた戦いだった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加