最新ランキングをチェックしよう
慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質 - 大阪市大が発見

慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質 - 大阪市大が発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

大阪市立大学(大阪市大)などは10月17日、原因不明の疾患である慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質が存在することをメタボローム解析により明らかにしたと発表した。
同成果は、大阪市立大学医学研究科システム神経科学 山野恵美特任助教、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター 渡辺恭良センター長、片岡洋祐チームリーダー、関西福祉科学大学健康福祉学部 倉恒弘彦教授、慶應義塾大学先端生

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「精巣サイズ これだけ違う!」無精子症の原因たんぱく質解明 近畿大
冥王星で500メートルの氷搭「ペニテンテス」が激写される! NASA科学者も困惑
歯の詰め物が過去のものになるかも?アルツハイマーの治療薬で歯を再生させることに成功(英研究)
デザイナー受精卵がビジネスに? 生殖医療+遺伝子編集の未来
こんなにも宇宙は美しかった。NASAから送られてきた宇宙写真総種編

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加