モテる男とモテない男の違いは?アクションで学園コメディ開幕、花沢健吾の読切も

モテる男とモテない男の違いは?アクションで学園コメディ開幕、花沢健吾の読切も

  • ナタリー
  • 更新日:2018/04/17

高井唯人による新連載「僕はラブソングが歌えない」が、本日4月17日発売の漫画アクション9号(双葉社)でスタートした。

No image

高井唯人「僕はラブソングが歌えない」カット

すべての写真を見る(全4枚)

同作は普通の男子高校生・鈴木を主人公に描かれる学園コメディ。彼の周囲には、毎朝一緒に登校するちょっぴり天然な幼なじみのみき、格闘ゲームが好きで負けず嫌いな女友達・さくら、人付き合いが苦手で鈴木を頼ってくれる委員長・川上という3人の同級生女子がいた。物語はそんな鈴木のクラスに、ある野心を持った転校生・佐藤がやってきたところから動き出す。高井は第1話冒頭に掲載されたコメントで「僕はモテません。そう、僕はモテないんです!だから僕は、どうしてモテる男とモテない男がいるのか20年以上考え続けてきたんです!このマンガがその答えなんです!」と宣言。「どうか、最後まで読んでください!!」とメッセージを送っている。今号には一挙2話が掲載された。

No image

そのほか今号では、花沢健吾が読み切り「父のこと」で本誌初登場。同作は花沢が亡き父を思い、その父が亡くなる前後のことを描いている。

高井唯人コメント

僕はモテません。そう、僕はモテないんです!だから僕は、どうしてモテる男とモテない男がいるのか20年以上考え続けてきたんです!このマンガがその答えなんです!最後まで読んでもらえれば、きっとわかってもらえると思うんです!どうか、最後まで読んでください!!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まさにイタチごっこ!漫画村が「漫画タウン」にリニューアルして復活していると話題に
漫画『キングダム』、50巻発売記念キャンペーンが全国展開 信たちが主要駅と新聞広告で「感謝の構え」
エロいのに泣ける!?『風夏』最終回とともに掲載された“過激すぎる袋とじ”に絶賛の声
漫画村が復活か 閉鎖から一転「漫画タウン」にリニューアル
【炎上】閉鎖した漫画村が『漫画タウン』として復活? 公式Twitterがオラつきまくる「サイトのせいで漫画の売り上げ落ちたの? 本当に?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加