日本ハム・清宮、ダルと初対面!直後の練習試合では人生初の代走

日本ハム・清宮、ダルと初対面!直後の練習試合では人生初の代走

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/15

(練習試合、日本ハム1-2韓国LG、現地時間13日、米アリゾナ州・スコッツデール)日本ハムは練習試合で韓国LGと対戦し、1-2の惜敗。ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=は人生初の代走で出場し、一塁守備にもついた。

七回無死一塁。中前打で出た森山の代走で、清宮がコールされた。

「(今まで)ないかもしれない。心の準備はできていた。落ち着いてサインも見られましたし、ミスもなかったと思うんで、一歩前進かなと」

細かいサインに対応し、エンドランを2度敢行。1度目はファウルで、2度目の一死一塁では好スタートを切り、打者の中島が空いた三遊間にゴロを転がして見事に成功。守備でも2イニングでノーミス。実戦3試合で無失策を続ける。

午前中に、カブス入団会見前のダルビッシュが激励に訪れた。練習を見ていた姿を発見すると、駆け寄って「清宮です!!」と元気よくあいさつ。「ちょっとびっくりしました。すごくオーラがあった。体も大きかったし、まだまだ自分はほど遠い。こういう存在になりたいと思いました」と、その背中を追いかけることを決意した。(桜木理)

No image

1メートル96のダルビッシュ(右)にあいさつする清宮(左)。1メートル84の黄金ルーキーが小さく見える (撮影・斎藤浩一)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
住吉都さん死去 結城コーチ「悩んでいるというのは知っていた」
デイリーvs小倉智昭氏 メダル予想の軌跡 通算2勝1敗3分け デイリーがリード
畠山は引退危機から救われた。監督・コーチ・選手が語る「青木効果」
松坂大輔、「実際の球速は140キロ割れも」な“フィーバー”悲しき現状
カーリング女子 カナダに完敗「みんなパニックになってしまった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加