広島が八回に勝ち越し バティスタが3打点目の右犠飛

広島が八回に勝ち越し バティスタが3打点目の右犠飛

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/14
No image

8回、広島・バティスタの犠飛で勝ち越す=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)

「広島-DeNA」(14日、マツダスタジアム)

広島が八回に勝ち越した。

広島は同点の八回無死満塁のピンチをしのぎ、その裏に丸の二塁打、松山のこの日3安打目の中前打で好機を作った。敬遠などで1死満塁とし、適時打と本塁打を放っているバティスタが右犠飛で勝ち越した。バティスタは3打点。

広島が勝ち、阪神が負ければ優勝が決まる。甲子園では九回に巨人が追いつき、延長戦に入った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホークスの"厚すぎる選手層"経営上の狙い
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
ロッテ井口監督に一本化、3年基本の複数年提示へ
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加