1000年の時を越えた言葉はじんわりと人生に効いてくる【女の本棚】

1000年の時を越えた言葉はじんわりと人生に効いてくる【女の本棚】

  • cafeglobe
  • 更新日:2016/10/19

時を越えて語り継がれる言葉があります。

親から子へ、師から弟子へ、そして愛する人から愛する人へ......。たとえ国や時代が違っても、真実の言葉はきちんと人の心に届くものです。

悲しいときは優しい音楽のように、知恵がほしいときは心にあかりを灯すが如くに。言葉というものは自由に形を超えて、その効果を発揮してくれます。

「いかに生きるべきか」を教えてくれる言葉

昨日より遠いものはない。明日より近いものはない。カザフスタン共和国



42ページより引用



今日という日は残りの人生の最初の日だ。イタリア共和国



44ページより引用

国は違っても共通する感覚は同じもの。陽気で華やかな国であっても、紛争の多い国であっても。世界中のどこに暮らしていても、明日は同じようにやってくる。これから来たる新しい1日。今日という日、そして明日が待ちどおしくなる、そんな言葉がそこにはあります。

「本当の幸せとは何か」を教えてくれる言葉

正直なのが一番いい。英国



74ページより引用



人に借りがなければ、恐れることもない。パナマ共和国



82ページより引用

目の前に行く手を阻むものがあったとしても正直な選択であるとすれば、それが最良の方法と言えるのかもしれません。逆に人からの「借し」を気にするようなシチュエーションは、幸せであるとは言いきれない。

本当の幸せの定義について、人が感じるボーダーラインは意外にも普遍的です。

「困難に立ち向かう勇気」が湧いてくる言葉

意思があれば手段は生まれる。バングラデシュ人民共和国



128ページより引用



本当の英雄は自分がそうであるとは言わない。フィリピン共和国



140ページより引用

自らの意思を明確に持つところに方法や手段が生まれ、道はおのずと開かれる。そして自分の成果を声高に主張する姿は本当のヒーローとは言いがたいもの......。それは遠い国の話ではなく、私たちの身近な足元においても同じことが言えるのでは?

長く息づく言葉には、現代のオフィスやふつうの毎日にも通じる、生きる知恵があるのかもしれません。

時を越えてさまざまな風雪を乗り越えて息づく『世界で1000年生きている言葉』たち。どんな最先端のサプリメントよりも、言葉が伝える力はあなどりがたいものです。読めば読むほどに、今を生きる私たちの人生にもじんわりと効いてきます。

世界で1000年生きている言葉

著者:田中章義
発行:PHP文庫
定価:619円(税別)

あわせて読みたい

みずからスイッチを押せば、女性はいつだって美人になれる【女の本棚】

電話が鳴っていたあのころから女の幸せは変わったのか【女の本棚】

たとえ乗り越えられる悲しみでも、急上昇は難しい【女の本棚】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「出世する男」が飲み会で必ずしていること6つ
ボディビルダーの女性が訓練をピタッと止めて3か月→どうなると思う?
ご利益にあやかろう。生まれた時からボーボーの毛のすごいベイビー(イギリス)
おじいちゃんになっても解散しなさそうなジャニーズ・6組
朝のカップラーメンから学ぶべきこと!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加