『クレヨンしんちゃん』ひまわりのイケメン探求心がすごすぎる......「さすが」の声も

『クレヨンしんちゃん』ひまわりのイケメン探求心がすごすぎる......「さすが」の声も

  • おたぽる
  • 更新日:2019/11/19
No image

テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」公式サイトより

アニメ『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)が16日に放送された。この日は「窓をピカピカにするゾ」「ひまわりがカゼをひいたゾ」「ラッピングバスを追え!だゾ」の3本が放送された。

「ひまわりがカゼをひいたゾ」では、ひまわりがカゼを引いてしまい、みさえが小児科で診てもらったところ、そこにいたイケメン医師に夢中になってしまうというストーリー。ひまわりは「お口アーンして」と言われればキスをしようとし、「胸を開けて」と言われれば胸をはだけさせるなど暴挙に出たが、診断結果は「軽いカゼ」。明日には治るといわれてしまう。

つまり、明日以降は病院に行かなくてもいいことになり、大ショックを受けるひまわりだったが、ひどいカゼになればまた先生に診てもらえると思いつく。一方、次の日にななこおねいさんが来て一緒に夕食を食べる約束があるものの、ひまわりのカゼが治らなければ約束は流れてしまうことから、なんとしてもひまわりを安静にさせておきたいしんのすけ。ふたりの攻防が始まるのだった――。

まずは絵本を読んでいたしんのすけだったが、うっかり自分が眠ってしまう。そこでひまわりは外に出て冷たい風に当たれば熱が出ると思いいたり、なんとか窓を開けようとする。しかし、ようやく起きたしんのすけがこれを発見。ひまわりはしんのすけから逃げ、今度は玄関から外に出ようとするも当然ながら阻まれ、「カゼが治らないとななこおねいさんが来ないんだゾ!」と叱られてしまう。

しかし、その後も隙を突いて脱出を企てるひまわり。しまいにはキッチンのシンクによじ登り、冷水を浴びることを思いついてしまう。そこに間一髪でしんのすけが間に合った――と思いきや、助けた拍子に蛇口が開き、結局ふたりとも冷水を浴びてしまうのだった。

当然、ふたりともカゼを引き、ななこおねいさんとの食事会は流れることに。しんのすけは鼻水をたらし、「オラ、ボーちゃんみたいになっちゃったゾ」と話していたが、その横でひまわりはにんまりと笑顔を浮かべていた。しかし、その笑顔が崩れたのは診察室に入ってから。そこにいたのはイケメン医師ではなく、なんとイケメン医師のお父さんであるおじいちゃん医師。「可愛い赤ちゃんだね」とおじいちゃん医師から言われるものの、ひまわりは硬直後、大泣き。みさえにも何が何だか分からず、ひまわりの泣き声が診察室に響くのだった。

この日の放送に視聴者からは、「風邪引いてもこの行動力やばい!」「イケメンのためならなんでもするな~」「あのやんちゃなしんのすけでもひまわりのイケメン探求心には勝てないね(笑)」という声が集まっていた。

(福田マリ/ライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【志村どうぶつ園のタブー告発】白井家が死んだ愛馬を庭でバラバラに違法解体「フルハートは2度死んだ」
41歳・椎名林檎の“お色気パフォーマンス”に悶絶「あの年でこのカワイさ...」
のん、胸元ざっくりドレスで美貌放つ! かわいらしい笑顔も
桑子真帆の失速、井上あさひの結婚で混迷極めるNHK女子アナの“エースの座争い”
櫻井翔、「今年最も怒りをコントロールした人」1位に 会見で冷静沈着
  • このエントリーをはてなブックマークに追加