Apple、2018年に6.5インチのiPhone Xを生産予定か

Apple、2018年に6.5インチのiPhone Xを生産予定か

  • iPhone Mania
  • 更新日:2017/11/14
No image

Appleの2018年のiPhoneは、6.5インチのOLED搭載モデル、6.1インチのLCD搭載モデル、5.8インチのOLED搭載モデルのラインアップになるとのことです。Apple製品の情報通として知られるKGI証券のミンチー・クオ氏の予測です。

iPhone X Plus的なモデルが登場?

Appleの動向に詳しいKGI証券のミンチー・クオ氏によると、2018年の下半期に発表予定の新作iPhoneのラインナップには、iPhone X Plusと呼んでもいいような新モデルが含まれるとのことです。

画面サイズは6.5インチで、iPhone Xの機能とデザインはそのままに、ディスプレイだけが拡張されたモデルになるとクオ氏は予測しています。それに伴い画素密度も、現在の458ppiから500ppiへとアップグレードされるようです。

6.1インチのミドルレンジモデルも追加

クオ氏の予測では、6.1インチのLCDを搭載したミドルレンジモデルも同時に発表されるとのことです。OLEDディスプレイよりも低めのppiのLCDを装備することにより、本体価格を650ドル〜750ドル(約7万4,000円〜8万5,000円)に抑えられるといいます。

しかしながら、ミドルレンジモデルにもTrueDepthカメラは盛り込まれるとみられており、Face IDは利用できるとのことです。Touch IDの廃止により、ホームボタンが必要なくなることからLCD搭載モデルでもベゼル幅の減少が期待されています。

6.5インチのiPhone Xと6.1インチのLCD iPhoneに加え、5.8インチの次世代iPhone Xも発表されると予測されており、2018年にiPhone売上はスーパーサイクルに突入するとみられています。

Source:AppleInsider
(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Appleは新製品をいつになったら出荷できるのか?HomePodは一つの例にすぎない
iPhone Xは、あなたの顔をこう見ている
手帳型iPhoneケースで「複数枚エラー」を出さないようにするには?
【レビュー】iPhone X向けケース「エアージャケット」クリアタイプ
寒いと動かなくなってしまうiPhoneX、最新版のiOS11.1.2で修正
  • このエントリーをはてなブックマークに追加