出版社社長が「図書館での文庫本貸出中止」を要請と報じられ物議に

出版社社長が「図書館での文庫本貸出中止」を要請と報じられ物議に

  • IRORIO
  • 更新日:2017/10/12

大手出版社の社長が「図書館での文庫本貸し出し中止」を要請すると報じられ、物議を醸してる。

「文庫の貸出中止を要請」と報道

朝日新聞は12日、出版社「文芸春秋」の社長が「文庫本の図書館での貸し出し中止」を要請すると報じた。

図書館での貸し出し数の4分の1を文庫が占める地域などがあり、市場縮小の要因の1つになっているとして、「文庫は自分で買う」という空気をつくり出すことが重要だと訴えているという。

深刻な「出版不況」

日本では近年、出版物の市場規模が年々縮小傾向にある。1996年のピーク時には2兆6564億円あった紙の出版物の推定販売金額は、2014年には1兆6065億円まで減少。発行部数もピーク時の半分以下になった。

No image

出典:「経済産業省」資料

「文庫本」も大きく落ち込んでおり、2014年には販売金額が前年比7.6%減と過去最大のマイナス幅を記録した。

No image

出典:「公益社団法人全国出版協会」HP

図書館が本の販売を圧迫?

一方で、図書館の貸出冊数は1975年から2005年の30年間で約9倍に増加。2010年頃には書籍の販売推定部数と図書館の貸出冊数が逆転したという。

新潮社社長で書協副理事長の佐藤隆信氏は2015年、文庫について「安くすることでより多くの人に読んでもらい著者に還元し、明日の出版につなげていくための原資を得るものとして開発された商品」として、その文庫が図書館で充実し多く貸出されているのは切ないと説明。

また、図書館が同じ本を複数所蔵し貸し出していることが文芸書の販売数を圧迫しているという声が、書店や著者からも大きくなっているという。

ネット上には「そうじゃない」という声も

この問題を受けて、ネット上には「それでいいと思う」「気持ちが分からなくもない」と理解を示す声があるが。

図書館に文庫の貸出をしないようにとの出版社の要請。これは正しい。文庫はそもそも消費者が買いやすくするためと、作家の生活のためと、単行本でモト取れない出版社のためにあるわけで。それを公の機関が奪うのは本来おかしなこと。
— 司凍季 (@tsukasatoki)
2017年10月12日
from Twitter

図書館の文庫本云々、貸し出すなっていうのはあれだけど、人気の小説なんかを複本用意してまで貸し出すのは、貸本屋じゃないでしょってなる
— 1997J7 (@1997J7)
2017年10月12日
from Twitter

絶版で電子書籍化もされていない文庫本とか古本屋で手に入りにくい本とかは貸し出して欲しい。新刊は発売から一定の期間を置くとかあってもいいかもね。
— PM君 (@officepm)
2017年10月12日
from Twitter

一方で、こんな意見も。

某出版社の貸出禁止要請って雑誌じゃなく文庫本なの?
名作系とか文庫でしか読めない作品を図書館で借りられないのは痛過ぎるんだが・・・・・(-_-;)
— まめまめどーれ㌠ @ブラくん頑張れ (@mamemame_dole)
2017年10月12日
from Twitter

気になる文庫本があって図書館で借りて面白かったから、購入する事ってあると思う。そういう機会をなくしちゃう可能性があるからね。
— ぽたぽた (@verytea18)
2017年10月12日
from Twitter

多分、図書館で借りる人は本を買うという習慣のない人。本は借りるものという意識と思う。だから文庫を置かなくなったら文庫を読まなくなるだけの話で、その文庫を買うという方向には行かないと思うんだけど。
— 雀坊。 (@jumbo762)
2017年10月12日
from Twitter

3年くらい前迄は、出かけるときは必ず文庫本を1冊携帯してたのに、最近はもうほとんど持ち歩かなくなったな…時間潰しも読書欲もスマホで事足りる。
— 凪早しん (@bbShinbb)
2017年10月12日
from Twitter

さまざまな意見が寄せられ、物議を醸している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【日本初】トラック2台分の超大型車両「ダブル連結トラック」が運用開始!人手不足の解決策となるか
スイスで父親の育児休業巡り国民投票へ 政府は反対表明
サムスン絶好調、営業利益「約3倍」のワケ 最高益更新の見込み
ホンダ CB400SF 新型発売...最高出力56psへアップ、新排ガス規制にも対応
神戸製鋼、日産自動車...なぜ、企業の不祥事は起こるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加