井浦新が広島の映画館へ、「二十六夜待ち」「光」上映&ティーチイン登壇

井浦新が広島の映画館へ、「二十六夜待ち」「光」上映&ティーチイン登壇

  • ナタリー
  • 更新日:2018/01/12

井浦新が主演を務めた「二十六夜待ち」「」の上映とティーチインが、2月4日に広島・福山駅前シネマモードで行われる。

No image

「二十六夜待ち」 (c)2017 佐伯一麦/ 『二十六夜待ち』製作委員会

すべての写真を見る(全2枚)

No image

佐伯一麦の小説を原作とした「二十六夜待ち」は、東北の小さな町を舞台に紡がれる大人のラブストーリー。瑛太、長谷川京子、橋本マナミが共演に名を連ねた「光」は、子供時代にある秘密を共有した3人の男女の運命を描く三浦しをん原作のサスペンスだ。各作品の上映後には、井浦とともに「二十六夜待ち」の監督・越川道夫、「光」の監督・大森立嗣がそれぞれ登壇し、観客の質問に答える。イベント後にはパンフレットサイン会も実施。

チケットは明日1月13日11時より劇場窓口にて発売。オンラインでは1月14日17時より販売開始となる。なお1作品ごとに鑑賞料金が必要となるのでご注意を。

※「二十六夜待ち」はR18+指定作品
※「光」はR15+指定作品

井浦新 新作特集+ティーチイン

2018年2月4日(日)広島県 福山駅前シネマモード
料金:一般 1800円 / フューレックカード会員、60歳以上、学生、障害者 1500円
※1作品ごとに鑑賞料金が必要

<上映スケジュール>
13:00~「二十六夜待ち」上映
上映後ティーチイン登壇:井浦新、越川道夫

16:30~「光」上映
上映後ティーチイン登壇:井浦新、大森立嗣

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パパがシャイな息子のためにイラストをお弁当袋に描き続けた結果 / クオリティ高すぎる!! と話題に
何ちゅう発想! 鉛筆の音だけで『スター・ウォーズ』のテーマ曲を奏でる動画が天才すぎる
アカデミー賞ノミネーション発表!ギレルモ・デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13部門【第90回アカデミー賞】
これはひどい。仕事を選ばない男、ニコラス・ケイジがもっと仕事を選ばなかったらこうなってしまう写真集
戸次重幸、大泉洋の旧友役に 『恋は雨上がりのように』キャスト発表

映画のランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加