山田太一×渡辺謙のSPドラマに蒔田彩珠、市原悦子、西畑大吾ら多彩なキャストがずらり

山田太一×渡辺謙のSPドラマに蒔田彩珠、市原悦子、西畑大吾ら多彩なキャストがずらり

  • TVガイド
  • 更新日:2016/10/20
No image

山田太一氏のオリジナル脚本に渡辺謙が主演で挑む、11月19日放送のテレビ朝日系スペシャルドラマ「山田太一ドラマスペシャル 五年目のひとり」(午後9:00)の共演者が発表された。14歳の新進女優・蒔田彩珠が物語のキーパーソンを演じるほか、渡辺と初共演となる市原悦子、関西ジャニーズJr.の西畑大吾ら多彩なキャストが脇を固める。

同作は、東日本大震災のその後をテーマにした人間ドラマ。2015年、東京の小さなベーカリーで働く木崎秀次(渡辺)は偶然訪れた中学校の文化祭で、ダンスを披露していた少女・松永亜美(蒔田)に目を奪われる。こみ上げる気持ちのまま、秀次が亜美に「奇麗だった」と声を掛けたことから二人の交流がスタート。やがて少女は、秀次が震災で多くのものを失っていたことを知り、彼の心の傷に触れていくことになる。

重要な役どころに挑む蒔田は、「とにかく不安な気持ちが大きかったです。自分に演じることができるのだろうかという思いが強くて」と心境を明かす一方、「撮影では、震災に対する亜美の思いがどんどん変わっていくのをきちんと表現したいなと思って頑張りました」と力を込め、「山田先生の台本と向き合うことで、震災についても、もう一度考えることができました。今までにない経験がたくさんできた、特別な作品になりました」と語る。

No image

秀次のことを気に掛け、働き先を紹介する同郷の女性・花宮京子役で渡辺と初めて相対した市原は、「渡辺謙さんは、よく気のついてくださる、優しい方ですね。人間的にはもちろんですが、ハリウッド、舞台、映画、ドラマと俳優としてさまざまな“場”を知っている分、視野が広くて。それが、とても頼りになりました」と振り返り、作品については「傷の負い方は皆一人ずつ違うのだということを思いました。とても教わることの多い作品でした」と話している。

西畑が亜美の兄で無関心を貫くイマドキの青年・晋也に扮(ふん)するほか、高橋克実、木村多江、柳葉敏郎、板谷由夏、山田優が出演することも明らかになった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SMAPラスト収録 最終回ナマ出演は絶望的に...
キレるとヤバい?「瑛太の弟」永山絢斗が生放送中に突然、絶叫する放送事故
2度目の打ち切りへ?「マツコの知らない世界」のヤラセに視聴者から批判殺到
成宮寛貴の薬物疑惑報道でディーン・フジオカファンが激怒するワケ
SMAP、最後の歌収録 中居正広は嗚咽を漏らした
  • このエントリーをはてなブックマークに追加