最新ランキングをチェックしよう
日立初のロボット掃除機はコンパクトボディで勝負 想定価格10万円前後で11月19日より発売

日立初のロボット掃除機はコンパクトボディで勝負 想定価格10万円前後で11月19日より発売

  • ガジェット通信
  • 更新日:2016/10/17

日立アプライアンスは、同社初となるロボット掃除機『minimaru(ミニマル)』(型番:RV-DX1)を発表。11月19日より発売し、価格はオープンプライス、店頭価格は10万円前後を想定しています。都内で開催された記者発表会では、狭い場所でもしっかり掃除できるコンパクトさが強調されました。
本体幅25cm、高さ9.2cmのコンパクトボディ
『minimaru』はシャンパンゴールドとブラックの2色で

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
データ分析、行動センシング、路面状況管理、多言語翻訳、業種に合わせてカスタムできるビッグローブの業務用IoTデバイス『BL-02』
『フォートナイト』サーバーが緊急メンテナンス中―復旧目処は不明
車がひいても割れないスマホケースを売り出した企業の巧みな戦略
さらなる没入感に期待! ロジクールGがゲームと連動して光る新デバイス
Amazonにはまだ「小売市場の91%」という奪うべきターゲットが残されているので「Amazonは始まったばかり」との指摘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加