[MOM2313]水戸啓明GK小沼陸斗(3年)_PK戦で連続ストップ、声を枯らした守護神

[MOM2313]水戸啓明GK小沼陸斗(3年)_PK戦で連続ストップ、声を枯らした守護神

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/13
No image

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]

[11.12 選手権茨城県予選準決勝 鹿島学園高 2-2(PK2-4) 水戸啓明高 カシマ]

正直な話、PK戦は嫌だったという。しかし迎えたPK戦、水戸啓明高の守護神、GK小沼陸斗(3年)は鹿島学園の2人目、3人目のシュートをいずれも右に飛んで連続ストップ。大会に入ってからほぼ毎日するというPK練習の成果を大一番で存分に発揮した。

「全員守備、全員攻撃でやっていました」。そう言って胸を張る小沼の声はガラガラ。試合開始直後から誰よりも大きな声を出し、味方を鼓舞し続けた。「いつも出しているので、いつも枯れてしまうんです」。守護神は充実感たっぷりの様子で晴れやかに笑った。

水戸啓明が直近の選手権で全国大会に出場したのは4年前。16強進出という成績を残した先輩たちの躍進は、中学2年生だった小沼にも大きな印象を与えた。特に当時ゴールマウスを守った黒子兼汰さんの活躍は今でも鮮明に覚えているという。「自分(175cm)より小さくて、ジャンプ力もあって、キックの精度もすごかった。憧れています」。

卒業後は土木業を営む家業を継ぐため、サッカーも同時に辞めると決めている。「だから悔いを残さないように、この大会で出し切って終わりたい」。全国まであと1勝。決勝の明秀日立高戦に向けては、「明秀は新人戦の準決勝で負けている。次は勝ちたい」と力強く意気込んだ。

(取材・文 児玉幸洋)●【特設】高校選手権2017

★日テレジータスで「高校選手権」地区大会決勝を全試合放送!11/20(月)14時~運命の「抽選会」を生中継!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
前半だけで3失点...日本VSブラジル戦平均視聴率16・3% 瞬間最高20・4%
「あの時、新たな感覚をつかんだ」 中村俊輔が今明かす、忘れがたい“一本のパス”
大宮内定FW佐相擁する“埼玉3冠”昌平、3-0勝利で4強入り:埼玉(20枚)
手越祐也に称賛、本田圭佑へ「真剣インタビュー」
西野委員長「いいテストで選手にいい刺激」遠征評価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加