西野J初勝利をスペイン紙が分析 「全てが変わった」意外な“キーマン二人”とは?

西野J初勝利をスペイン紙が分析 「全てが変わった」意外な“キーマン二人”とは?

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/06/13
No image

西野ジャパンの初勝利をスペイン紙が分析している【写真:Getty Images】

香川と乾の二人で3ゴールを奪い、パラグアイに逆転勝利

日本代表は12日にロシア・ワールドカップ(W杯)前最後のテストマッチでパラグアイと対戦。後半に4ゴールを奪い、4-2で西野体制初勝利を手にしたが、海外メディアも「パラグアイは圧倒された」と日本の勝利を報じている。

「乾と香川が日本をパラグアイ戦勝利に導く」と見出しを打ったのは、スペイン紙「マルカ」だ。

日本は1点ビハインドで迎えた後半に反撃。GK中村航輔(柏レイソル)とDF酒井宏樹(マルセイユ)を投入すると、直後の6分にMF香川真司(ドルトムント)のパスを受けたMF乾貴士(ベティス)が左サイドからカットインを仕掛けて右足を振り抜き、同点ゴールを突き刺した。

後半18分には、右サイドのFW武藤嘉紀(マインツ)から横パスを受けた香川が右足で中央にボールを流し、飛び込んだ乾が再び右足で仕留めて勝ち越し。その後、相手のオウンゴールで点差を広げ、試合終了間際には香川が個人技からダメ押しの4点目を奪った。

GK中村&DF酒井宏の投入、監督の采配に言及

記事では、「ベティスに加入するFW(乾)の2ゴール、ドルトムントの選手(香川)の2アシスト」と、乾&香川の元セレッソ大阪コンビの連係を絶賛。また、後半のある“変化”が勝利を呼んだと分析している。

「パラグアイは日本に圧倒された。前半終了後、監督のニシノはロッカールームで檄を飛ばし、後半の戦い方を完全に変えた。GKコウスケ・ナカムラとDFヒロキ・サカイが入って、全てが変わった。カガワとイヌイの連係が機能し始めたことが、良い攻撃を生み出し、2ゴールが生まれた」

香川と乾の連係はもちろん、GK中村とDF酒井宏の投入、西野監督の采配で流れが変わったと記している。

ロシアW杯最後のテストマッチで、3戦目にしてようやく初勝利を手にした西野ジャパン。19日のグループリーグ初戦コロンビア戦に向けて、ギアを上げるきっかけにしたいところだ。

(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セネガル代表マネ、元同僚吉田麻也との関係明かす「いつも一緒だった」
10人ドイツが奇跡の逆転劇...全敗韓国にもGL突破の可能性残る
川島の痛恨ミスによる失点に海外騒然 「W杯最低GK」「大災害」などSNSで批判殺到
相手選手の背中をキック!韓国は16年経っても変わっていなかった―中国ネット
コロンビア、3発快勝で起死回生の勝ち点3...ポーランドは2連敗で敗退決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加