民進党、アベノミクスの対案まとまる

民進党、アベノミクスの対案まとまる

  • TBS News i
  • 更新日:2016/12/02
No image

民進党は、次の衆議院選挙の公約の目玉となる経済政策の骨格をまとめました。「人への投資」を前面に掲げ、大学までの教育の無償化や経済産業省の解体などが盛り込まれています。

民進党がアベノミクスの対案としてまとめた経済政策の骨格は、公共事業よりも経済効果が高いとして、「人への投資」を前面に掲げています。

具体的には、まず、大学までの教育無償化をあげ、その財源については、新たに「子ども国債」を発行することや、配偶者控除を廃止することでまかなうとしています。また、女性の活躍を後押しするため、育児休業手当の100%支給も盛り込まれました。さらに、経済産業省など経済官庁を解体した上でグローバル経済で勝ち抜くための対応にあたる「グローバル貿易・投資省」と自立した地域経済の構築を目指す「地域経済省」を新たに設置するとしています。

民進党は、さらに党内で議論を重ねた上で、正式に決定することにしています。(01日21:44)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
ムーミンのテーマパーク、2019年春オープンに 北欧イメージの別エリア「メッツァビレッジ」は2018年に先行開業
トヨタ、新型パワートレーンを発表! 2017年より搭載車種を拡大
業種・職種別「平均年収&生涯賃金」ランキング、各1位は?
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
  • このエントリーをはてなブックマークに追加