建築ごみも分別するの?日本視察で驚きの連続―中国メディア

建築ごみも分別するの?日本視察で驚きの連続―中国メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/10/12
No image

建築ごみも分別するの?日本視察で驚きの連続―中国メディア

10日、騰訊房産は日本の建築現場の視察ルポを掲載し、「建築ごみも分別している」と違いを驚きとともに伝えた。資料写真。

2017年10月10日、騰訊房産は日本の建築現場の視察ルポを掲載し、「建築ごみも分別している」と違いを驚きとともに伝えた。以下はその内容。

中国の不動開発関係者が日本の建築現場を見学した。多くの新しい内容を持ち帰ったので、皆さんに推薦する。日本の建築方法は中国と異なる。現場にそれほど作業員は多くない。工程は標準化されており、工場の中でパーツを完成させ、現場へ持って行って組み立てる。

ビルの工事現場は、粉塵が飛び散らないように厳重にシートで覆われている。現場では「安全」が永遠に最も重要と位置付けられている。現場に入る前、作業員はそろいの作業着を身に着け、必ずヘルメットをかぶる。革靴などは危ないため、履いたまま現場に入れない。見学者と作業員が入れるエリアは明確に区別され、安全が確保されている。喫煙所もきちんと決められている。

工程が順調の進んでいるかを確認するため、あらゆる検査の手順が細かく決められている。検査道具も便利なものが作られ、資材や建物の規格化が守られている。驚くべきはごみの分別だ。「燃えるごみ」、「プラスチックごみ」、「繊維ごみ」、「ガラスや金属ごみ」と書かれたごみ箱が設置され、きちんと分けて捨てなければならない。建築ごみまで分別するとは、生活ごみさえ分別できないわれわれには驚くしかない。(翻訳・編集/大宮)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
工場出荷時のまま未使用・新車状態で保存されていた1997年製「マクラーレン F1」が売り出し中! オーダーしたのは日本人!?
「人間の顔した獣発見」と騒動
宇宙からでもくっきり、イタリア北部の大気汚染
北朝鮮の高官“核は米国以外 標的にせず”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加