【MLB】青木宣親「6番右翼」先発も3打数無安打、チームは5-14の大敗で4連敗

【MLB】青木宣親「6番右翼」先発も3打数無安打、チームは5-14の大敗で4連敗

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/15
No image

メッツ・青木宣親【写真:Getty Images】

メッツ移籍後は11戦出場で無安打は2試合のみ

メッツの青木宣親外野手は14日(日本時間15日)、敵地でのカブス戦に「6番・右翼」で先発したが、3打数無安打に終わった。チームは6-14の大敗で4連敗となった。

青木は1回、1点を先制した直後に迎えた第1打席で空振り三振に倒れると、2点リードに成功した3回の第2打席は遊ゴロ、5-9と4点ビハインドとなった5回2死三塁では四球を選んで繋いだが、8回の第4打席は中飛に倒れた。

3打数無安打1四球で打率は.269となった。メッツ移籍後11戦目で、無安打に終わったの2試合のみとなっている。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤンキース V絶望的5差 ジャッジ47、48号も
56発スタントンを“本気”にさせたイチローの長打力 コーチが明かす秘話
メッツ青木1安打も9回裏好機に倒れ最後の打者に
青木宣親は5打数1安打 3戦連続ヒットも...最終回の好機であと1本出ず
レッズ・ファレル、父が監督のRソックス戦に登板 大リーグ史上初の親子対決
  • このエントリーをはてなブックマークに追加