住友林業ら、日本最北端の大型バイオマス発電施設を運転開始

住友林業ら、日本最北端の大型バイオマス発電施設を運転開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

住友林業と住友共同電力は12月1日、両社が合弁で設立した紋別バイオマス発電が運営する「紋別バイオマス発電所」が営業運転を開始したと発表した。

同発電所は、オホーツク地域の未利用木材を主燃料とした発電規模50MWの大型バイオマス発電施設。燃料として利用する木質チップは、隣接するオホーツクバイオエナジーが自社生産するほか、協力工場から集荷した木質チップや輸入PKS(ヤシの実の種の殻)、補助燃料の石炭など多様な燃料を利用する。

住友林業では、再生可能エネルギーによる発電事業を2019年3月までに200MW規模まで拡大する方針を定めており、引き続き新規事業の立ち上げを加速していくとしている。

No image

紋別バイオマス発電所

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JR東日本、常磐線相馬~浜吉田間「運転再開記念 仙台フリー乗車券」を発売
NTTドコモ、バーチャルアイドルを事業展開!初音ミクの生みの親KEI氏監修、
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
小田急電鉄「EXEα」30000形リニューアル車両試乗会2月実施、親子100組招待
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加