最新ランキングをチェックしよう
住友林業ら、日本最北端の大型バイオマス発電施設を運転開始

住友林業ら、日本最北端の大型バイオマス発電施設を運転開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

住友林業と住友共同電力は12月1日、両社が合弁で設立した紋別バイオマス発電が運営する「紋別バイオマス発電所」が営業運転を開始したと発表した。
同発電所は、オホーツク地域の未利用木材を主燃料とした発電規模50MWの大型バイオマス発電施設。燃料として利用する木質チップは、隣接するオホーツクバイオエナジーが自社生産するほか、協力工場から集荷した木質チップや輸入PKS(ヤシの実の種の殻)、補助燃料の石炭な

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
児童手当や高校授業料支援金がもらえない所得のボーダーラインとは? 所得制限を回避する方法
盛岡が県内32市町村にホームタウン拡大、唯一の例外は「川崎F様との関係性を考慮」
【報ステ】予算過去最大に“米国製兵器”急増の背景
手の届きやすい価格で、クルマ本来の楽しさを具現化した スイフト...竹岡圭【カーオブザイヤー2017-18】
パナソニックを手玉に取った香港系ファンドの次の「獲物」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加