貴乃花親方の“主張”全文「師匠として最後にお願い」

貴乃花親方の“主張”全文「師匠として最後にお願い」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/09/26

大相撲の貴乃花親方(元横綱)が25日、都内で年寄引退会見を開き、日本相撲協会に退職届を出した理由について説明。協会側から貴ノ岩への暴行問題についての告発状は事実無根だといわれ「親方を廃業せざるを得ないという有形無形の要請を受けてきた」と圧力があったと主張した。

No image

日本相撲協会に退職届を提出し、会見を開いた貴乃花親方

さらに、会見終了後、自身の説明を文書化したものを配布した。以下全文。

ご報告

私、貴乃花光司は、本日、公益財団法人日本相撲協会に年寄を引退する旨の届を提出致しました。

引退の理由は次のとおりです。

本年3月9日、私は貴ノ岩に対する傷害事件に関する日本相撲協会の対応などについて真実を隠さず追求したいという気持ちで、内閣府公益認定等委員会に告発状を提出いたしました。その後、私の弟子の不行き届きもあり3月28日付けで告発状を取り下げましたが、告発状の内容には何ら事実に反する点はありませんでした。

その後、私は、先般受けました降格処分を真摯に受け止め、一兵卒としてゼロからスタートさせていただき、部屋に所属する力士に対する指導・監督及び審判としての業務に粛々と従事してまいりました。

しかし本年8月7日、日本相撲協会より、協会が依頼された外部の弁護士の見解を踏まえたとする書面が届きました。その書面では「告発状は事実無根な理由に基づいてなされたもの」と結論付けられておりました。

これに対して私は書面で、告発状の内容は事実無根ではないことをご説明してまいりましたが、その後、告発状の内容が事実無根な理由に基づいてなされたものであることを認めないと親方を廃業せざるを得ないなどの有形・無形の要請を受け続けてまいりました。

さらに今般日本相撲協会理事会において、全ての親方は一門のいずれかに所属しなければならず、一門に所属しない親方は部屋を持つことができない旨の決定がなされたとのことですが、同時に私はいずれかの一門に入るための条件として、告発の内容は事実無根な理由に基づいてなされたものであると認めるようにとの要請を受け続けております。

しかしながら、内閣府公益認定等委員会に提出した告発状は、事実無根な理由に基づくものではございません。真実を曲げて、告発は事実無根だと認めることは、私にはできません。

一方でこのままでは、私はどの一門にも属することができません。これでは貴乃花部屋に所属する力士たちは相撲を続けることが困難になり、安心して鍛錬、精進することができません。

このような状況において、断腸の思いではございますが、貴乃花部屋に所属しております、力士、床山及び世話人は、全員、継承者である千賀ノ浦部屋に所属先を変更させていただき、私、貴乃花光司は、本日年寄を引退させていただくことが最善の道であると苦渋の決断をするに至った次第です。

皆様方におかれましては、私の弟子達に変わらぬご厚情、ご声援をいただけますよう、師匠として最後にお願い申し上げるものでございます。

平成30年9月25日

貴乃花光司

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
詐欺グループの「受け子」が職務質問をきっけかに逮捕! 職質を受けた理由が情けない......
「温泉に入っただけ」で男性が4年間も意識不明に その原因に「背筋が凍る」
一宮町議選は定数15に20人立候補、21日投票
女子高生が線路への飛び込みをライブ配信...拡散される映像に怒りの声
貴乃花が決別宣言...相撲協会に「公益財団法人を取り消すべき」の声が殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加