最新ランキングをチェックしよう
日本発「世界を救う薬」?日中韓で採用される新型コロナ治療薬の実力

日本発「世界を救う薬」?日中韓で採用される新型コロナ治療薬の実力

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2020/02/27

急がれる治療薬開発
政府は、新型コロナウイルス感染症対策として、時差出勤、テレワーク、休校、イベントの縮小や延期など、「やれることはなんでもやる」という方針を固めた。
「今後の患者増加のイメージ図」を示され、対策を取らなかった場合の急激な山の高さを見せられた国民は、素直に納得、電通、資生堂は在宅勤務を決め、Jリーグは公式戦を延期、巨人オープン戦は無観客となった。

〔PHOTO〕gettyim

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新型コロナの感染リスクは?緊急性ない歯科治療は延期すべきか
ここにきて「新型コロナ」の日本人感染者が爆発的に増えているワケ
中国が有効性を認める「アビガン」、なぜ治験が進められなかったのか?
新型コロナ「1回投与で48時間でウイルス99%減少」豪研究
なんでロックダウンしないで完全にコロナを制圧した韓国を参考にしないのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加