元KAT-TUN田中聖 九回に登板の弟、二松学舎大付・彗投手に声援 「うれしかった」

元KAT-TUN田中聖 九回に登板の弟、二松学舎大付・彗投手に声援 「うれしかった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

アルプス席で二松学舎大付の弟・彗を応援する元KAT-TUN田中聖

「全国高校野球・2回戦、二松学舎大付14-2明桜」(13日、甲子園球場)

二松学舎大付が19安打14得点の猛攻で初戦を突破した。

アルプス席では、背番号11の田中彗投手(3年)の兄で、KAT-TUNの元メンバー・田中聖(31)が観戦。チームカラーの緑の応援シャツを着て声援を送った。

九回に弟・彗投手が2番手で登板。1死後、相手5番打者に左越えソロ本塁打を浴びると悔しそうな表情を見せた。さらに2死二塁のピンチを招くと「あと一人、頑張れ~」とマウンドの弟に向かって絶叫。最後の打者を三ゴロに打ち取りゲームセットを迎えると、メガホンを打ち鳴らして大喜びしていた。

試合後は報道陣の問いかけに笑顔で対応。弟の勇姿とチームの大勝を見届け「うれしかったです」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大阪桐蔭・中川痛恨一塁ベース「またいでしまった」
天理 輪島ジュニア、初甲子園で満塁弾浴びる
「スター不在」の甲子園を盛り上げる広陵の中村VS仙台育英
荒木大輔氏、大阪桐蔭一塁踏み損ねに「丁寧にいきすぎたと思う」
甲子園ベスト8が激突!「最も面白い」準々決勝を広角展望
  • このエントリーをはてなブックマークに追加