山里亮太をうらやむ男たちへ...美人との結婚がアダとなるケースも

山里亮太をうらやむ男たちへ...美人との結婚がアダとなるケースも

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2019/06/12

6月5日、女優の蒼井優とお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太の結婚が世間を賑わせた。今回の山里のように、誰もが羨む美人と結婚することは男の憧れともいえるだろう。

だが、一方で「美人の妻と結婚したけれど、正直後悔しています」と肩を落とす男性がいる。都内の物流会社で取締役を務める大橋章夫さん(仮名・40歳)だ。大橋さんが結婚したのは今から5年前、6歳年下の美人妻・アヤさん(仮名)とは婚活パーティーを通じて出会ったという。

◆婚活パーティーで美女に一目惚れ

No image

写真はイメージです(以下同じ)

「当時、35歳になった僕は親からの『早く孫が見たい』というプレッシャーもあり、毎週のように婚活イベントに顔を出していました。それまでは仕事一筋で交際した女性の人数はごくわずか。元々、女性と話すと緊張してしまう性格なので婚活パーティーの結果は散々なものでしたが……。そんなとき友人に勧められたのが、高収入男性限定の婚活パーティーでした」

仕事だけは真面目にやってきたという大橋さんは、35歳にしてはそこそこの収入があったという。その婚活パーティで出会ったのがアヤさんだった。

「正直、一目惚れでした。他にも可愛らしい女性はたくさんましたが、アヤ1人だけレベルが違っていたんです。そのパーティーは男女全員が1対1で5分ずつ話す……という趣旨なのですが、気に入った異性がいたら連絡先を渡してもいい。当然、アヤは色々な男性からも連絡先をもらっていましたが、僕も勇気を振り絞ってどうにか連絡先だけは渡すことに成功したんです」

それから数日後、アヤさんから連絡が来たことをきっかけに2人は再会する。

「連絡が来たときはとにかく嬉しくて、友人の協力を得て予約のとれないイタリアンレストランに連れていきました。2軒目には会員制のルーフトップバーへ行き、そうなると当然聞きたくなるのは『どうしてアヤのような美人が婚活パーティーに来ているのか?』ですよね。

そこでアヤがポツポツと話し始めたのですが、実は彼女、数週間前に彼氏と別れたばかりだったそうです。『もうすぐ30歳なのに、彼氏と別れてしまって一生結婚できる気がしなくなった』という理由で婚活パーティーに参加したとも言っていて、さらに『元彼はイケメンだったけれど性格が合わなくて、これからは顔ではなく性格で結婚相手を探したい』とも。僕は顔に自信はなかったけれど性格はいいと周りに言われていたので、もしかして僕でも望みはあるのかな? と期待してしまいましたね」

No image

その日からアヤさんに猛アタックしたという大橋さん。努力の甲斐もあり交際がスタートし、交際1年で結婚に至った。

「当然、友人からはものすごく羨ましがられました。周りからは『一生、大事にしないとな!』と言われて、もちろん僕もそのつもりだったんですが……」

◆「私と結婚できたんだから、それくらい当然でしょ」

No image

現在は子供も生まれて順風満帆な結婚生活を送っているかのように見える大橋さん。しかし、ある悩みがあるというのだ。

「交際時から僕の服装や髪形をイジったりしてきて、少し性格がキツイかな? という印象はあったんです。でもアヤは大分年下だし、若い女性がおじさんをいじる感覚なのかなと思いそこまで気にしていませんでした。

しかし、結婚してからはそれがさらに激しくなったというか……。モラハラというかマウンテンングを取られているというか。たとえば僕は田舎のマンモス団地生まれで、高校に入るまでそこの敷地から出ることはほとんどなかった。当然、娯楽なんてものはなく、夜遊びも大学に入るまでしたことはありません。

一方アヤは、東京出身で中学からはエスカレーター式の私立校。美人だから学生時代から相当モテていたようで、まさにヒエラルキーの頂上にいたような子でした。

No image

なので、僕が会社の会長にキャバクラに連れていかれたというだけで『イイ歳してキャバクラとか遅咲きにしてもほどがある』『その年で今更キャバクラとか恥ずかしくないの?』など痛烈に批判してくるんです。それぐらいなら我慢できるんですが、問題はアヤがひと月にかける美容代や買い物代がとにかく多いことですね……。ブランド物の化粧品や服、さらには子供のブランド服や20万円もするバギーまで……。少しでも口を挟もうものなら『私と結婚できたんだから、それくらい当然でしょ?』と言われる。何も言えなくなってしまいますよ……」

現在、大橋さんの小遣いは月に5万円ほど。役職と月収を考えると少し信じられない額である。

「美人じゃなくても、せめて性格が良い女性と結婚したかった」と語る大橋さん。男性からすると「何を贅沢な」と思うかもしれないが、夫婦内のモラハラやマウンティングを受ける辛さは本人にしか分からないのかもしれない。

【結城(ゆうき)】

男女観察ライター。世の男女を観察し、夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男性を手のひらで転がす小悪魔な女性の特徴5つ│彼を翻弄しちゃえ!
「幸せな恋愛」が訪れる2つの予兆
港区女子の「意外な実態」
マイナビウーマン
清楚系ビッチってどんな女性?10の特徴&男性心理を解説します!
「結婚して小遣い月3万なんてゾッとする」34歳男性が選んだ同棲の形
  • このエントリーをはてなブックマークに追加