神戸国際大付・谷口2打席連発「1勝できうれしい」

神戸国際大付・谷口2打席連発「1勝できうれしい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

7回裏神戸国際大付1死一、三塁、谷口は右越えに逆転となる3点本塁打を放つ(撮影・梅根麻紀)

<全国高校野球選手権:神戸国際大付5-4北海>◇12日◇2回戦

3年ぶり2度目出場の神戸国際大付(兵庫)が、北海(南北海道)を破り、夏の甲子園初勝利を挙げ16強に一番乗りした。

谷口嘉紀外野手(2年)が1点を追う6回に、左中間へ同点ソロ。2点ビハインドの7回には右翼ポール際へ2打席連発の3ランを放ち逆転。これが決勝点となった。

谷口は「うれしいっす。やっぱり1勝できたんでうれしいっす。2年生らしく、3年生を助けられるように、そういう思いでやりました。1球で決めてやろうと打席に入りました。完璧です。(1本目の打球の飛距離に)初めてでした。(2本目は)前の打席にホームラン打っていたので、狙わんようにしようと思っていたんですけど、甘く入ってきたので、振り切れました。(右方向へは)初めてです。頂点見たらダメだと思ったので、その1点に集中していた。次も頂点を見ず、1戦必勝でやっていきたいと思います」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【笑いあり涙あり】高校球児あるある70連発
「甲子園の土、その後どうしてますか?」 元甲子園球児たちに聞いてみた
仙台育英逆転サヨナラの裏に杉山拓海ノーサイン二盗
「スター不在」の甲子園を盛り上げる広陵の中村VS仙台育英
1大会5本塁打の記録持つ清原 甲子園決勝で桑田に言ったひと言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加