侍稲葉監督から熱視線の打撃練習/今日の清宮くん

侍稲葉監督から熱視線の打撃練習/今日の清宮くん

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/13
No image

右手親指のけがの影響で清宮(右)は守備のみでの出場となった(撮影・松本俊)

<今日の清宮くん>

日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手(18=早実)が12日(日本時間13日)、アリゾナ1次キャンプを視察に訪れた侍ジャパン稲葉篤紀監督(45)の目の前で打撃練習を行った。

最初は少し離れた場所で練習を見守っていた稲葉監督だったが、途中でトスを上げる緒方野手総合コーチの横に並び、至近距離で約5分間見学。清宮の打撃について「スイングが力強く、速くて、今後が非常に楽しみ」と、期待を寄せた。

清宮は午後から6回規定で行った紅白戦で、紅組の一塁守備のみでフル出場した。「投手とのコミュニケーションがもっと取れたらと思った」と反省点を挙げ、将来的な目標として「代表に入れるよう、これからしっかり結果を残して行けたら」と話した。【日本ハム担当 中島宙恵】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カー娘もぐもぐタイムの菓子10分で完売!/カーリング
日南に負けない! 沖縄市でも36年の歴史、広島2次キャンプも熱い
清宮また試練...急性胃腸炎で練習早退 24日デビュー絶望的
【MLB】米復帰の元Gマイコラス、日本での“カルチャーショック”語る「ファンが...」
小平奈緒の“つくりおき料理”がすごい!金メダルボディの秘訣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加