【阪神JF】サヤカチャン 前走2着も「まだ本気じゃない」

【阪神JF】サヤカチャン 前走2着も「まだ本気じゃない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/06

前哨戦のアルテミスSで、逃げて2着に踏ん張ったのがサヤカチャン。レース前から降りだした雨で力を要する馬場。スピードだけでは厳しいコンディションの中で、勝ったラッキーライラックに3/4馬身差と驚異の粘り腰を発揮した。かれんな馬名とは裏腹のパワーと根性。担当の杉山助手も「相手にかわされてからも最後まで頑張ってくれた。それでもレース後、鞍を外すと“あくび”をしていた。まだ本気で走っていない」と振り返る。

No image

Bコースで軽く調整するサヤカチャン

田所厩舎は実戦で馬を鍛え上げるスタイル。以前は内にモタれて粘りを欠くシーンが目立ったサヤカチャンだが、前走で長い直線をビシッと追われたことで、稽古の行きっぷりが変わった。杉山助手は「一度しんどいことを経験できたことで、追い切りでモタれるところが解消されてきた」と話す。厩舎の先輩には12年2着のクロフネサプライズ。15番人気の低評価を覆す激走だった。高い成長力で再度の“サプライズ”を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
肛門に空気入れ死亡か 逮捕の2人「ふざけて...」
元SMAPの3人に亀裂!?草なぎ剛がふと漏らした再分裂の「兆候」
『紅白』出場も「視聴率4%」「8年ぶり登場」! 人気“外国人タレント”3人はいま?
漁師は娘を抱きしめて凍死した――吹き荒れた「爆弾低気圧」とその後の希望
女がドン引く瞬間〜全身脱毛した男の許せない行動〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加