セリエAデビューの冨安健洋にイタリアメディア高評価。「大当たりの補強」

セリエAデビューの冨安健洋にイタリアメディア高評価。「大当たりの補強」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2019/08/26
No image

ボローニャの冨安健洋【写真:Getty Images】

イタリア・セリエA第1節のエラス・ヴェローナ対ボローニャ戦が現地時間25日に行われ、1-1の引き分けに終わった。セリエAデビューを飾ったボローニャの日本代表DF冨安健洋に対し、複数のイタリアメディアが高評価を与えている。

白血病の治療のためチームを離れていたボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督が“一時復帰”を果たして指揮を執ったことが大きな注目を集めたこの試合。冨安は右サイドバックで先発フル出場して奮闘し、勝ち点1の獲得に貢献した。

チーム専門メディア『トゥットボローニャウェブ』では、この試合の「ベスト」としてミハイロビッチ監督に次ぐ2番目に冨安をピックアップ。「名誉あるサムライとして戦い、義務を規律正しく遂行。ミスはほとんどなかった。新リーグの新チームにすぐに適応しており、大当たりの補強」と評している。

『トゥットメルカートウェブ』でも冨安に対してはチーム最高タイの採点「6.5」と高めの評価。冨安は「サプライズ」だったとしつつ、「デビュー戦は良かったどころか極上だった。フィジカルが強く技術もあるサイドバック。良く守り、サイドから仕掛ける時には危険になれる」と攻守両面のプレーに賛辞を送った。

『ユーロスポーツ』イタリア版でも同じくチーム最高タイの「6.5」。「後半半ばまでは完璧だった」が、ヴェローナがソフィアン・アムラバトを投入してからは苦戦を強いられたと述べている。なお同メディアでは、ミハイロビッチ監督には異例の採点「10」をつけて闘争心を称えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
終了間際劇的弾でドロー。インテル、CL初戦黒星は回避
欧州で日本人選手がゴールラッシュ!...食野、三好、安西が新天地で初得点
なぜ中島翔哉はポルトで苦戦するのか?「4つの理由」とは
久保建英の元相棒「バルサの神童」ファティ、実はレアル入りも近かった
「みっともない」「アジア人でよかった」ポルト指揮官の中島翔哉への“ぶちギレ”シーンが波紋!会見では厳しい言葉を...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加