動くリビングルーム!? シトロエン、快適性重視の自動運転EV「19_19」コンセプト発表

動くリビングルーム!? シトロエン、快適性重視の自動運転EV「19_19」コンセプト発表

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2019/05/16
No image

創業100年を記念し、シトロエンは自動運転EVのコンセプト「19_19」を発表した。

ヘリコプターにインスパイアされたデザイン、そしてくつろげるリビングルームを意識した車内となっているのが特徴。未来型ということで人工知能も活用している。

・タイヤにセンサー

No image

外観はいかにもサイエンスフィクションに出てきそうなデザインだ。目をひくのが、前部がカプセルのように透明になっていること。これはヘリコプターを参考にした。

また、タイヤは30インチと大きく、これにより車高が高くなる。ヘリのように、車中からは周囲を見下ろすような視野となるとのこと。

また、Goodyearとのコラボで、タイヤにはセンサーを搭載。道路や天気の状況をモニターし、データをドライブトレーンに送るようになっている。

・マイホーム空間

No image

外観はヘリを参考にしている一方で、内装はリビングルームがテーマ。座席はクッション性を高め、助手席にいたってはかなりリクライニングがきくようになっていてまるでラウンジにある快適チェアのよう。後部座席近くに本をはさんでおけるような“棚”があるのもユニークだ。

運転席はというと、ARのヘッドアップディスプレイにナビなどの情報が映し出される。また、AIによるパーソナルアシスタントがユーザーの検索内容に基づいて、ユーザーが興味を持ちそうな情報を提供する。

自動運転に対応し、バッテリー容量は100kWh。WLTP基準での航続距離は800キロとなっている。

このコンセプト、実際に生産されるかどうか現段階では言及はないが、まずはフランスで間もなく開かれる「VIVA TECHNOLOGY」でお披露目される予定だ。

シトロエン

(文・Mizoguchi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
グーグル取引一部停止に ファーウェイが声明発表
韓国政府はWindowsを諦めてLinuxへの移行を目指している
ラブホ盗撮事件が多発...防止グッズはもはや必須化するのか?
東京オリンピックで活躍する特製カメラ ゲッティが披露
めちゃ渋い!まるで長年使い込んでいるようなエイジド加工を施したG-SHOCKのスペシャルモデル「GMW-B5000V」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加