千代大龍「たまたまです」稀勢の里破り3個目の金星

千代大龍「たまたまです」稀勢の里破り3個目の金星

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/09/14
No image

稀勢の里に金星を挙げ、多くの懸賞金を手に笑顔を見せる千代大龍(撮影・狩俣裕三)

<大相撲秋場所>◇6日目◇14日◇東京・両国国技館

西前頭2枚目千代大龍(29=九重)が、横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)に今場所初めて土をつけた。立ち合いでまっすぐぶつかった。「そのまま行こうと思ったけど横綱を押せなかった」と軌道修正。押せないと分かると左にいなして体勢を崩してから、右のおっつけで押し出した。

支度部屋に戻ると「白星は白星なので素直にうれしいですね」と興奮気味に話した。さらに「豊山も貴景勝もいい相撲を取っていた。たまたまいなしたら横綱が横を向いたから押しただけ。たまたまですよ」とまたも興奮気味に話ながらも謙遜した。

今場所初白星が13年名古屋場所以来3個目の金星で、懸賞41本(手取り123万円)を獲得した。この日夜に、師匠の九重親方(元大関千代大海)と部屋の関取衆らと焼き肉に行く予定だといい「お金は全部僕持ちですかね」とうれしい悩み。「残りは子どものために貯金します」と終始笑顔で話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豊ノ島、2年ぶり十両復帰確実も「ここからがスタート」
栃ノ心、かど番を脱出して号泣「稽古ができず自信をなくしていた」
【玉ノ井親方 視点】稀勢を棒立ちにした白鵬の速さ際立った一番
稀勢の里、横綱対決制し10勝目も千秋楽へ引き締め
横綱・稀勢の里を相撲協会が見限った(1)親方が先代だったら...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加