最新ランキングをチェックしよう
昭和の名匠が弾き出した黄金律!愛蔵と実用に堪えるプラチナ万年筆のサン・ナナ・ナナ・ロク

昭和の名匠が弾き出した黄金律!愛蔵と実用に堪えるプラチナ万年筆のサン・ナナ・ナナ・ロク

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/14

左からシャトルブルー、クラシックインク(2色組み)
『プラチナ♯3776』が33年を経てクリップ以外を刷新。完全気密機構の採用で1年以上放置しても鮮やかに書き出せる気軽さが持ち味だが、かといって昭和の名品が掲げた美しい日本語を書くための理想はついえていない。この現代の名品にこそ伝統製法で作られた本物のインクがふさわしい。

上からブラックインブラック、ブルゴーニュ

写真=フォレストブラックク

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
コンビニ昼食、不健康メシはどっち? カップ麺+おにぎり vs 生姜焼き弁当+野菜サラダ
肺真菌症に感染した男性、原因は帰宅後毎日していた「癖」=中国ネット「これは私も毎日している...」
感動呼ぶ千賀ノ浦親方の直筆メッセージ SNS拡散で反響続々
札幌・爆発事故「スプレー缶100本穴あけ」に絶句 「闇が深い」「日曜夜なのに...」
危険なマナー「片側空け」は変わるか エスカレーター「歩かないで!」 東京駅で対策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加