近未来SFマンガ「AIの遺電子 RED QUEEN」 別冊少年チャンピオンで連載開始!

近未来SFマンガ「AIの遺電子 RED QUEEN」 別冊少年チャンピオンで連載開始!

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/10/12
No image

10月12日発売の別冊少年チャンピオン11月号で、マンガ『AIの遺電子 RED QUEEN』(山田胡瓜)の連載がスタートしました。

前作『AIの遺電子』は、2015年11月〜2017年8月に週刊少年チャンピオンで連載。シンギュラリティ(技術的特異点)以降の世界を舞台にした近未来SFで、AI(人工知能)を搭載したヒューマノイドを治療する医者・須藤を主人公に、さまざまな患者とのドラマがオムニバス形式で描かれていました。

月刊誌に移籍してスタートした『RED QUEEN』1話は、人権を持つAIがいかにして生まれたのかなど、旧作の舞台裏も含めた内容となっています。

No image

巻頭カラー46ページ!

No image

この後、掲載をためらうような衝撃シーンへ

No image

ヒューマノイドとのシリアスな会話

ちなみに、作者の山田胡瓜さんは元IT記者。仕事で培った知見が反映されているため、そのクオリティーには、カドカワの川上量生社長も「今いちばんオススメ」「技術的な理解が細やかで、きっとこういう問題が起こるだろうという予測が非常に面白い」(※)と太鼓判を押しています。

※東洋経済:川上量生「中国のネット管理政策は正しい」より

ねとらぼでは2016年10月に期間限定の出張連載を実施。編集部が厳選したエピソード4本を作者Q&Aとあわせて公開しています。

『AIの遺電子』 ねとらぼ出張連載

第1話「バックアップ」

第3話「ポッポ」

第12話「俺の嫁」

第42話「ボタン」

(C)秋田書店 2017

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冤罪少年が放り込まれたのは、有罪少年ばかりの学園刑務所「極刑学園」1巻
ディーン・フジオカが桂木淳一役で出演する映画『坂道のアポロン』の特報が解禁
「八雲さんは餌づけがしたい。」新刊にレシピ本などの店舗特典、サイン会も実施
ガンガンコミックスUP!創刊、「半熟英雄」「先生のやさしい殺し方」2冊が発売
2017年10月20日:本日発売のコミック新刊
  • このエントリーをはてなブックマークに追加