稲葉ジャパン西武から山川ら最多5選手「光栄」

稲葉ジャパン西武から山川ら最多5選手「光栄」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

西武山川(17年9月28日撮影)

稲葉ジャパンの初陣となる「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16~19日、東京ドーム)に出場する侍ジャパン代表25選手が12日、発表された。

西武からは最多となる5選手が選出された。

山川 すごく光栄。オーバーエージ枠ということで、若い人を引っ張っていくくらいの気持ちでやりたい。長打、ホームランが武器。外国勢に通用するか、チャレンジしたい。

外崎 侍ジャパンはあこがれで、不思議な気持ち。全力プレー、チャレンジする気持ち。自分の良さを出したい。

多和田 トップレベルの人が集まる。いろいろな話を聞けたら。

平井 すごいボールを投げる人ばかり。野球に取り組む姿勢を勉強できたら。西武を背負って戦ってくる。

源田 光栄。やるべき事をしっかりと考えて、役割を果たしたい。たくさんの人に知っていただきたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
連勝で形勢逆転!楽天が示した“要塞”の攻略法
山﨑武司のドラフト注目打者10人。思わず「育てたい」と言ったのは?
セもDH!“パ高セ低”打破へ導入検討...早ければ19年にも
阪神に朗報!セもDH本格検討、福留らベテラン陣への負担軽減など
暴走続きの張本勲と関口宏を一喝した金田正一に「よくぞ言った」と称賛の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加