上地雄輔 横浜高校時代の後輩・中日松坂にメール「俺がリードしてたら勝てたのに」

上地雄輔 横浜高校時代の後輩・中日松坂にメール「俺がリードしてたら勝てたのに」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/05/03
No image

上地雄輔

俳優の上地雄輔が1日深夜、毎日放送の「ごぶごぶ」(火曜深夜11・58)で、ダウンタウンの浜田雅功と、大阪にある上地家ゆかりの場所を訪問。道中、上地が高校時代に中日ドラゴンズの投手・松坂大輔とキャッチャーとしてバッテリーを組んでいた話になり、松坂と最近交わしたメールのやり取りの内容を明かしていた。

上地は自身のルーツについて探るNHKの番組に出演した際、曽祖父が環状線の大正駅付近で働いていたことが判明。そこで、せっかく大阪に来るのであれば、その場所を訪問したいとスタッフに伝えたという。

待ち合わせ場所の福島駅から、2人で環状線の電車へ。移動する車中で、高校時代に松坂とバッテリーを組み、キャッチャーをしていたのだから、上地のおバカキャラは偽装だと浜田が言い出し、「アホなわけない!」と断言した。すると上地は「今はそんなことないんですけど」と断った上で、当時の横浜高校の野球部は、放課後のハードな練習に備えて、休みなさいと言われていたため、まったく勉強してこなかったと説明。しかし発言後にすぐカメラ目線で「今は違います!」とも付け加えた。

さらに話題は、メジャーリーグから日本球界に戻った松坂へ。日本に戻ってきてから会ったこと、ロケ直前の試合では勝ち星はつかなかったが、いいピッチングをした松坂に“俺がリードしたら勝てたのにな”とメッセージしたが、“そういう問題ではないです”と返信があったとメールのやり取りを明かし、浜田に「ええ加減にせえよ」とツッコまれていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
死去の栗城史多さん、「勇気」と「感動」の果てに 叶わなかったエベレスト登頂
西城秀樹さん側近らが語るプライベート「サウナに入りすぎだったのかも」
歌舞伎界、片岡愛之助を排除の動き...役者人生を狂わす嫁・藤原紀香の存在
実は子どもがいると聞いて驚く女性有名人ランキング
林家三平、沈黙破る「親を俯かせ、家族を苦しめ」「身内と呼びたくない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加