死ぬまで拘束...日本人が知らない「乳牛の残酷生涯」

死ぬまで拘束...日本人が知らない「乳牛の残酷生涯」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/11/16

ある乳牛の生涯
チーズ、ヨーグルト、牛乳――それらの原料を作っている乳牛たちの生涯を知っているだろうか。
ある農場にいた乳牛のアカネ(仮称)が今年死亡したので、その生涯を紹介したい。

アカネは10年前に生まれ、2ヵ月後に、殺されるまで過ごすことになる酪農場に売られてきた。
その農場で彼女は短いロープで拘束された。硬いコンクリートに薄い不潔なマットが敷いてある床の上で、長い時間ただ立ち尽くし、同

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加