モテたいわけではない...? 女性化する恋愛ベタな男たちは何から始めればいいのか

モテたいわけではない...? 女性化する恋愛ベタな男たちは何から始めればいいのか

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2018/05/22
No image

数多くの恋愛相談を受け、客観的に分析してきたトイアンナ氏

優先順位は低いけれど、できるなら彼女が欲しい――恋愛への関心が薄くなった昨今、そんな声はよく聞く。心のどこかでそう感じている人も少なくないはずだ。そうした中、話題になっているのが『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』(イースト・プレス刊)だ。

著者は各種媒体で多くの連載を持つ人気恋愛コラムニスト・トイアンナ氏。大学卒業後は外資系企業に就職、そこで培ったマーケティングスキルを活かし、恋愛分析を行なっている。これまでヒアリング調査してきた人数は800人を超える。

草食系男子であっても恋愛・結婚願望はある。本書はまさにそれを体現したタイトルだが、そこでトイアンナ氏に20代、30代の恋愛観の変化や恋愛初級者が彼女を作るための方法を聞いた。

「今、20代で4割と“童貞”が当たり前にいる時代です。ネットでもTVでもいじられていますけど、いじるほどそんなおかしいところはないと思うんですよね。むしろ、童貞をクリエイティブに消化して面白くしているような人もいるわけですよ。そういう中で、恋愛をしたい人がいるなら助けになるテキストが必要だと思って書いたのがこの本です」

もちろんチェリーボーイに限らず、恋愛経験が少ない男性は多く存在する。これまで多くの恋愛指南本やナンパ術などの雑誌企画があった。しかし、それらは恋愛初心者にとってハードルが高すぎると言う。

「世間のナンパ本って、童貞→セックスみたいな感じで、一気にハードルを越えますよね。それこそ『1000人に声かけろ』『まずはソープ行け』みたいな。そういうスパルタのほうが読み物として面白いのはわかるんですけど、『すごいなー』で終わっちゃうんですよ。泳ぎ方で言うと、まず水に顔をつけましょう、みたいに低い段階がないんですよね」

著書では、女性に慣れるためにまずはコンビニ店員に道を聞くことから指導している。「そもそも女性と接していることが少ない人って女性と喋ることがもうイベント」とのこと。その上で、女性慣れしたら「小さなお願いをしてみる」など話しかけるコツを具体的に紹介。

「初心者も“恥ずかしくない失敗”だったらできるんですよ。カジュアルなバーのカウンターで隣のお姉さんに話しかけた後、先に帰られたとしても、向こうも理由を作りやすいので恥ずかしくはない。そうやって、まずは『気さくに話しかけられるかどうか』が最初は大事なんです」

そうした初歩をできる人が今の時代に減ったのは、前述のような恋愛本がレベルの高いことを求めていたからであって、「男性のせいではない」と言い切る。しかし、一方では「男性の行動が引っ込み思案の女性に似てきた」とも指摘。

「以前、片思いしている男女から別々に相談を受けたんですが、お互いに話しかけられないという話があったんですよ。受け身な女性の恋愛行動を挙げると、まず友達に相談、そして遠くから『あの人、カッコいい』とじっと見る、あとは占いに行く、それで終わり。

男性も同じで、占う、じっと見る、友達に相談する…だけ。それでお互いに何もしないまま2年経っていたんです。“無”しかないのにすごい忍耐力ですよね」

この相談者の男性は小中高と共学で、コミュニティの中では人気のあるリア充タイプ。よっぽど奥手でアプローチの仕方がわからないのか?と思いきや、そうではないらしい。

「それが逆なんです。今は『どうやったら相手にアプローチしてもらえるか』という質問が多い。それこそ少年誌で描かれるハーレム漫画のような展開を1対1で臨んでいるんですよ。『勝手に彼女ができないかな』『好きなコが寄ってこないかな』という男女が増えているんです」

前述の相談者たちのケースでは、それぞれにアドバイスしながら、出くわす場を作ったりとお膳立てした。「仲人のおばちゃんみたいな人がいないと進展しない」とか。

出会いの場所に関しても「人工的に作る必要」があるとトイアンナ氏は言及する。しかし、恋愛に消極的な彼らが合コンや相席屋などのあからさまな出会いの場に行くとも思えない。理想の出会いとして、女性だけでなく男性からもたまに聞くのは「自然な出会い」だが…。

「恋愛コラムでいう『オーガニックな出会い』ですね(笑)。そんなのないと思うんですよ。出会いのトップ2が『学校』と『職場』なんですけど、1ヵ所に男女が集まって、毎日同じ時間を共有するってすでに不自然じゃないですか。

日本人は職場から合コンまで、人工的お膳立てされて『ここでなら恋愛していいよ』と許されたフィールドじゃないと繁殖行為ができないんです。自然な出会いの場として強いていうなら、大規模シェアハウスですね、最近は」

シェアハウスであれば、出会うつもりじゃなかったという言い訳もできる。ある意味で「自然」な場所。さらに接触回数も多く純粋(?)な男女が出会うのにぴったり! 現代の草食系男子たちは、そうした環境の中にいなければ恋愛ができないということか…。

●後編⇒人気のトイアンナに聞く“正しい下心”の出し方ーーモテない男こそ“0.1の好意”を積み重ねて!

(取材・文/鯨井隆正 撮影/山下隼)

■トイアンナ
慶応義塾大学法学部を卒業後、外資系企業にてマーケティングを4年間担当。800人以上の相談を受けた経験から、アラサー女性のキャリア・恋愛を中心に執筆。男女のキャリア・生き方をつづったブログ「トイアンナのぐだぐだ」は月間最高50万PVを記録。書籍は近著『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』(イースト・プレス)他、『恋愛障害 どうして「普通」に愛されないのか』(光文社新書)など多数。詳細はブログ【http://toianna.hatenablog.com/】、Twitter【@10anj10】にて

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
若い男性は「胸の谷間」を見ても嬉しくない!? 驚くべきその理由とは
“本気愛”だからこそ! 男性たちに聞いた「本命彼女」への行動6つ
女性が憧れる男性の理想の体型5つ こんな体型にドキドキしちゃう!
男が風俗に走ってしまう理由ランキング!ワースト5
中国の若者の結婚観に変化?「妥協しない」が7割―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加