新入幕の竜電が幕内初白星「燃える気持ちで」

新入幕の竜電が幕内初白星「燃える気持ちで」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/17
No image

錦木を上手投げで破る竜電(上)=両国国技館(撮影・西岡正)

「大相撲初場所・初日」(14日、両国国技館)

新入幕の竜電(高田川)が錦木(伊勢ノ海)を上手投げで破り、幕内初白星を挙げた。

189センチの長身が特徴だが、右から相手の左をしぼりながら前まわしを引く基本に忠実な内容で、相手を土俵に転がした。

取組後、「前に出られたので良かったです。攻められていたので良かったんじゃないですかね。頑張っていこうと。攻めていこうと燃える気持ちでやってきました。緊張していました。いい年にしたいですね。もっと上に上がりたいです」とにこやかに語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稀勢の里3敗目、質問にも「うーん」答えままならず
稀勢もう3敗...“休場危機”64年ぶり2横綱2日連続金星配給
「白鵬キラー」?嘉風「自分が言ったわけじゃない」
【玉ノ井親方 視点】稀勢、左に頼りすぎ 白鵬は下半身バタバタ
相撲協会は伝統に「あぐら」をかいている
  • このエントリーをはてなブックマークに追加