「ドローンジャック」 警戒すべき新たなサイバー攻撃

「ドローンジャック」 警戒すべき新たなサイバー攻撃

  • AFPBB News
  • 更新日:2016/11/30
No image

小型無人機(ドローン)。米カリフォルニア州オリンピック・バレーで(2016年9月19日撮影、資料写真)。

【AFP】小型無人機(ドローン)の活用機会が急増していることに伴い、これをハッキングして乗っ取る「ドローンジャック」の脅威が迫っていると、インターネット・セキュリティーの専門家が29日、警告した。

米ITセキュリティー会社インテルセキュリティーの研究機関であるマカフィーラボの年次報告書によると、配達会社や警察当局、映画の撮影班などが使用するドローンが、ハッカーらの標的になることが予想されるという。

同社のブルース・スネル氏は、昨年開催されたセキュリティーに関する会合で既に、おもちゃのドローンを乗っ取るデモンストレーションが行われ、いかにドローンジャックが簡単にできるかが示されていると述べた。

報告書は、市販されている多くのドローンに適切な防犯対策が欠けていることを指摘ながら、現状では、外部のハッカーが容易に乗っ取ることができると説明。専用の「キット」がいったん闇市場に出れば、ドローンジャックが現実のものになるのは時間の問題だとした。

近い将来には、インターネット小売り最大手の米アマゾンや米運送ユナイテッド・パーセル・サービスが、配達手段としてドローンを使うと考えられているが、これらも潜在的標的だ。飛行中のドローンを乗っ取って着地させ、配達荷物や搭載されている高価な撮影機器を盗んだり、さらには当局の監視カメラを破壊したりすることも考えられるという。

他方で年次報告書は、セキュリティーの改善に伴い、いわゆる「ランサムウェア」による攻撃が減るとしながら、その一方で、携帯端末に対する攻撃が増え、銀行口座番号やクレジットカード番号などが狙われるだろうと予想した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
最近の若い子...ヤバいっ!年下から教わった「新しいエッチ」2つ
大型トラックにはねられ小2死亡 「79歳のアルバイト」に同情する人も
Apple「iPhone6sのバッテリー問題は製造時の空気露出のせい」
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
榮倉奈々『タラレバ娘』で結婚後初ドラマ 「一生懸命、演じたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加