鉄道博物館、7月5日に新館オープン 入館料や駐車料金は値上げ

鉄道博物館、7月5日に新館オープン 入館料や駐車料金は値上げ

  • Traicy
  • 更新日:2018/02/16
No image

JR東日本と鉄道博物館は、7月5日午前10時に鉄道博物館の新館をオープンする。

新館は地上4階建てで延床面積約6,000平方メートル、展示面積約3,500平方メートル。展示面積は現在の本館のみと比較し約1.3倍に拡大する。3月14日にはオープンに先立ち、本館南側(旧てっぱくひろば)駅弁屋横で2階建て新幹線E1系の屋外展示も開始する。

また同日より、入館料や駐車料金を改定する。個人では一般は1,000円から1,300円、小中高生は500円から600円、幼児は200円から300円、駐車料金は一般のみ500円から800円にそれぞれ値上げする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
美人コンパニオンも多数登場!「NAGOYAオートトレンド2018」が開幕
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
【大阪オートメッセ2018】さらに戦闘力UP!? 学生が作ったトヨタ「WILL VS」とは!?
本当にあった「なんちゃって裁量労働制」
住友商事社長が語る、これからの「商社」のあり方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加