トランポリン伊藤正樹メダル獲得も東京五輪へ危機感

トランポリン伊藤正樹メダル獲得も東京五輪へ危機感

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

トランポリン世界選手権男子団体で銅メダルを獲得し、帰国した4人。左から棟朝銀河、伊藤正樹、岸大貴、堺亮介

トランポリン世界選手権でメダルを獲得した男女メンバーが14日、ブルガリアから羽田空港に帰国した。

男子は、団体で金メダルを獲得した11年以来6年ぶりの表彰台となる銅メダルを獲得。6年前に団体金と個人銅を取り、12年ロンドン五輪4位、16年リオ五輪6位のベテラン伊藤正樹(29=東栄住宅)は「(11年の)あの喜びをもう1度と思っていた。(メダルを)1つも取れなかったこの6年間は長い戦いでした」と振り返った。

喜びには浸らなかった。20年東京五輪は個人のみ。伊藤は、団体銅の結果よりも、今大会の個人決勝に伊藤1人しか残れなかった事実に焦点を当てた。「05年から(世界選手権の)決勝には2人が残っていた。そこに日本人1人しかいないのは、考えないといけない。東京五輪で2枠は逃すことはできない」と危機感を口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
乃木坂46白石麻衣、メンバーから“下着”に疑惑 実姉の暴露も
ダイソーに最強のホッチキス現る 中綴じが簡単すぎて快感すら覚える...
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
「彼女の脳みそは美味かった」露で想像を絶する“猟奇的食人事件” 脳フライ&グラス生血を......
「最初にコーヒーが飲めるのは誰?」ツイッターで流行っていたコーヒーのクイズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加