ダイムラー、ナノテクノロジー企業と戦略提携...高効率バッテリーをEVに採用へ

ダイムラー、ナノテクノロジー企業と戦略提携...高効率バッテリーをEVに採用へ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/15
No image

FUSOのEVトラック、eCanter

ダイムラーは9月14日、イスラエルに本拠を置くStoreDot社に投資を行い、戦略的提携を結ぶと発表した。

2012年に設立されたStoreDot社は、ナノテクノロジーの先駆的企業。イスラエルのテルアビブに本拠を置き、主に充電とエネルギー貯蔵物質を扱っている。

今回の投資による戦略的パートナーシップの締結は、急速充電の分野に焦点を当てるもの。StoreDot社の「FlashBattery」は、給油と同じく数分以内にEVへの充電を可能にする技術。さらに、FlashBatteryは、高い電力回生特性を持ち、制動エネルギーの効率的な使用により、EVの航続を伸ばし、充電頻度を減らす。

両社は、ダイムラー傘下の商用車ブランド、FUSOの次世代『eキャンター』に搭載する技術を共同開発する方針。充電時間の短縮により、商用車の高い稼働率を実現していく。

2017年の初め、StoreDot社は、新しい有機化合物とナノ素材の組み合わせにより、EV用バッテリーが5分で充電できるコンセプトを発表。同社の新しいバッテリーは開発の進んだ段階にあり、現在設計段階にあるEVに搭載される予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
50歳とは思えぬ圧倒的な走りと美貌、愛する人たち...トヨタ2000GT生誕50周年祭で体感した「覚醒」
ハイビーム、ロービーム、どっち使う? 意外とみんな分かってない「基本的なルール」
世紀のヒット商品『写ルンです』の〝ルン〟の意味、知ってる?
スズキが1.4l直噴ターボエンジンを搭載した新型『スイフトスポーツ』を発売
「東京=物価高い」はもう過去? 「世界最安の旅行先」と英国で評判のワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加