【投資のヒント】3社以上が目標株価を引き上げた銘柄は

【投資のヒント】3社以上が目標株価を引き上げた銘柄は

  • ZUU online
  • 更新日:2017/11/15

先月下旬からスタートした3月決算企業の第2四半期の決算発表もいよいよ終盤です。こうしたなか一足早く10月中に決算を発表した銘柄ではアナリストによる業績や目標株価の見直しもある程度進んだと思われます。

そこで今回は先月30日に決算を発表したTOPIX500採用の3月期決算銘柄を対象に決算後に3社以上から目標株価の引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。

そのなかでも特に目標株価の引き上げが目立つのがアルプス電気 <6770> で、通期の営業利益の見通しをコンセンサス予想を上回る水準まで上方修正したこともあって決算発表後に7社が目標株価を引き上げています。また、日本特殊陶業 <5334> やTDK <6762> 、任天堂 <7974> 、オリックス <8591> でも4社が目標株価を引き上げています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
"年間1.6億人"が来るサイゼリヤの客単価
「さすが先進国」「日韓の根本的な違いを感じる」日本企業のノー残業に韓国ネットが感心しきり
アマゾン、LINEスピーカーを突然「排除」...独禁法違反の可能性
社員に車100台プレゼント、太っ腹すぎる会社に驚きの声―中国
半導体業界、史上最大の買収劇勃発...巨大独占企業誕生で業界激変か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加