WWEの〝巨人対決〟でキャンパス抜けケインら落下

WWEの〝巨人対決〟でキャンパス抜けケインら落下

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

ストローマン(上)がケインにランニングパワースラムを仕掛け、そのままマットを突き破って落下 コピーライト 2017 WWE, Inc. All Rights Reserved

〈WWE:ロウ大会〉◇13日(日本時間14日)◇米ジョージア州アトランタ・フィリップスアリーナ

メインとなった第6試合で、巨漢対決ならではの「ハプニング」が発生した。身長213センチ(公称)、体重147キロのケインと身長203センチ、体重175キロのブラウン・ストローマンが激突したヘビー級のカードだった。

ストローマンがケインにランニングパワースラムを豪快に決めた瞬間、そのままリングのキャンパスが抜けて両者ともに落下した。突き破ったマットから戻ってきたストローマンのみ。フラフラになりながらも最後は両拳を突き上げて観客の声援に応じた。ところが、ケインは最後まで姿をみせなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元王者・五十嵐 4年ぶり王座だ、スキンケア効果でもうひと花
中国では超有名王者・木村翔、大みそか日本で顔売る
大仁田 愛弟子の引退試合で“専売特許”電流爆破を許可
現役最年長!74歳・グレート小鹿が意欲「来年はどこかのベルトをもらいたい」
福原愛の次に中国で有名なWBO世界王者・木村翔が大晦日決戦で誓う無名返上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加