高谷惣亮V「タックルの軌道見える」階級増で新境地

高谷惣亮V「タックルの軌道見える」階級増で新境地

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/06/14
No image

男子86キロフリースタイルで優勝し笑顔を見せる高谷(撮影・鈴木正人)

<レスリング:全日本選抜選手権>◇第2日◇14日◇東京・駒沢体育館◇男女21階級

男子86キロ級を五輪2大会出場の高谷惣亮(30=ALSOK)が制し、昨年末の全日本選手権に続く優勝で、世界選手権(9月、カザフスタン)の代表切符をつかんだ。

決勝では全日本で接戦を演じた松坂誠應(24=自衛隊体育学校)と激突。開始30秒でフェイントを混ぜながらの2段モーションで鋭く低く飛び込んでテークダウンを奪うと、軽快なフットワークで相手タックルをいなす守備力も見事に、8-0で完勝した。

「タックルの軌道が見えるんです」。優勝恒例のパフォーマンスで日向坂46の「キュン」のダンスを披露した後に、新境地を激白した。いわく「目からヒモっぽいものが伸びている感じで。それにつられて体が流れていく」と独自の感覚を説明。この日の最初のタックルも相手の腰が浮いている様がわかり、導かれるように軌道に乗った。

「余裕があるからでしょうね」と、階級増の効果を口にする。リオデジャネイロオリンピック(五輪)時の74キロ級から、この日は12キロ増の86キロ級。昨年の全日本選手権が新階級初戦で、それから半年で適応能力が増すばかり。74キロ級のスピードを維持したまま増量に成功しており、「相手の動きが遅く感じる」。それが軌道を生む一因と捉えている。

4月に30歳を迎え、その端正な顔立ちからついた「タックル王子」の愛称も、「いまは『タックルおじさん』ですから」と自嘲するが、周囲からは「30代には見えない」の声の連発に、自身も「(12年)ロンドン五輪の時より強い」と衰えはみじんも感じない。

3月には国際大会で世界2位を撃破するなど、早速実力を証明している。14年に銀メダリストとなった世界選手権は、今年は表彰台で東京五輪出場権を手にできる。五輪では届かない表彰台へ挑む集大成の母国五輪へ。「86キロ級は減量がない。自分のレスリングと真摯(しんし)に向き合える。前向きに戦える」。海外勢が圧倒的に強い新階級で、世界を驚かせる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
井岡「新たな歴史を残せた」=4階級制覇から一夜明け-ボクシング
偉業の井岡、汗でタトゥー浮き出るもルール上不問
敗れたパリクテ「もっと戦えた」早いストップに陣営不満
AK-69、日本人初の4階級制覇・井岡一翔選手に歌でエール
4階級制覇の井岡一翔、8月にも誕生する第1子は男の子/BOX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加