貴景勝 日馬から2場所連続金星「あまり覚えていない」

貴景勝 日馬から2場所連続金星「あまり覚えていない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

◇大相撲九州場所2日目(2017年11月13日 福岡国際センター)

No image

日馬富士(左)を押し出しで破る貴景勝

幕内最年少21歳の平幕・貴景勝が2場所続けて横綱・日馬富士から金星を奪った。頭で当たって横綱の上体を起こし、電車道で押し出した。相撲内容を覚えていないほどがむしゃらに攻め、結果を出した。全休明けの横綱・稀勢の里は新小結・阿武咲を突き落とし、初白星で幕内通算700勝とした。

横綱が土俵を割ったのは分かっても、貴景勝はどういう相撲内容だったのかは分からなかった。「あまり覚えていない。(相撲が)始まったら感覚で取るタイプ。考えたら脳の回転が遅くなる」。がむしゃらに攻めた結果が、2場所連続の日馬富士討ちだった。

秋場所での初金星は徹底して下から突き起こしていったが、最後ははたき込み。この日は引いたりいなしたりせずに前に攻めて勝った。自信がついたかと聞かれると「自信とは別に、この相撲を貫いていけばいいと思った」と答えた。八角理事長(元横綱・北勝海)は「落ち着いて相手を見ながら、最後ははずにいって、慌てずに取れていた」と21歳の若武者を評価した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元小結旭鷲山「あの部屋の人を殴ったのが間違い」騒動は貴乃花親方の“異質さ”
横綱・日馬富士の暴行問題が「派閥争い」に進展! モンゴル力士“一斉廃業”の可能性も!?
やく氏、日馬富士より「白鵬の出場停止が先だろう」アピールを問題視
やくみつる氏、物言い白鵬を断罪「出場停止ですよ」
日馬富士のブチ切れの“瞬間”を飲食店関係者が証言 鳥取の歓楽街は「あの殺人事件以来の大騒ぎ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加