台風18号が鹿児島県に上陸 大分では記録的な大雨

台風18号が鹿児島県に上陸 大分では記録的な大雨

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/17
No image

動画を見る(元記事へ)

大型の台風18号は17日午前11時半ごろ、鹿児島県の南九州市付近に上陸しました。九州では記録的な大雨になってます。

九州では、未明から活発な雨雲が次々と流れ込んでいます。大分県佐伯市では1時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。台風は今後、速度を上げながら西日本を縦断する見通しです。西日本では瞬間的に45メートルの暴風が吹き、雨は18日にかけて350ミリの大雨になる所がありそうです。台風は暴風域を伴いながら18日未明には北陸を通過して、18日朝に北日本へと進む予想です。関東地方には18日の明け方に最も近付きます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
比叡山延暦寺「千日回峰行」を達成、戦後14人目
駅に無断で「ママげんき?」と人探しの貼り紙 「撤去するのを躊躇した」――東京メトロの対応に称賛の声
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
台風18号で浸水被害、大分・津久見市などで復旧作業
豊田真由子氏の会見、元秘書「反省感じられない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加