川崎・小林がMVP 得点王&初Vとの“3冠”獲得 家族も壇上で祝福

川崎・小林がMVP 得点王&初Vとの“3冠”獲得 家族も壇上で祝福

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/11
No image

最優秀選手賞に選ばれ家族に祝福される川崎F・小林悠(右)=横浜アリーナ(撮影・三好信也)

「Jリーグ・アウォーズ2017」(5日、横浜アリーナ)

Jリーグは5日、横浜市内の横浜アリーナで年間表彰式となる「Jリーグ・アウォーズ2017」を開き、最優秀選手(MVP)に川崎のFW小林悠が初受賞した。

小林は、今季23得点をマークして、単独で初の得点王にも輝いた。チームも念願のリーグ初制覇。個人とチームタイトルを含めて“3冠”に輝いた。

小林は「まずはじめに、Jリーグにかかわるスポンサー、関係者の皆さま、ありがとうございました」と述べた後、「個人的なことで申し訳ないですが、プロになってから、ケガの多かった僕と一緒に泣いてくれた奥さんに感謝の言葉を伝えたい。ありがとう」と夫人への感謝のメッセージを発した。

そして、「今年から主将となった時、最初にみんなの前で『(自分は)頼りないけど、勝たせたい気持ちは誰にも負けない』と言いました。サポーターの力も大きかったですが、キャプテンマークを巻いて先頭を走ってました。これからも向上心を持っていきたいです」などと語った。

この後、壇上には小林を支えた夫人と2人の子供(男児)が上がり、MVPを祝福。夫人は、「1番近くで頑張っているのを見ていたので、その努力が報われてうれしいです」と小林の受賞を祝い、その苦労をねぎらった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「最初、ふざけんなよと」 日本代表FW小林が明かす、韓国戦“PK弾”の舞台裏とは?
千葉MF矢田旭が“9年半”在籍した名古屋に別れ...レンタルから完全移籍へ
関東勢連破や!貫禄「レオ」弾には劇的「レオ」弾!!関大がPK戦で順大撃破、7年ぶり4強へ
後半に中野誠也投入も前回王者・筑波大が敗退...初出場・東京国際大がPK弾を守り切りベスト4進出
小林悠が先制PKも...日韓戦38年ぶり4失点で韓国に逆転V許す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加