最新ランキングをチェックしよう
西武辻監督が初ユニホーム姿「始まるという気持ち」

西武辻監督が初ユニホーム姿「始まるという気持ち」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/17

就任後、初めてユニホームを披露し、笑顔を見せる辻監督(撮影・狩俣裕三) 西武辻発彦監督(57)が17日、21年ぶりの古巣ユニホーム姿を披露した。監督就任後、初めて西武プリンスドームで行われた秋季練習を指揮。「(背中のTSUJIの)スペル、合ってますか?」と報道陣を笑わせながら、「あらためて、いよいよこれから始まるという気持ちになりました」と、表情を引き締めた。
主力組による投内連係やノックを見守り

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アルゼンチン人指揮官の情熱的指導が9年ぶりのJ1復帰へ導くか
【球界ここだけの話(788)】阪神・岩貞を育てた横浜商大・佐々木監督の教え 投球はそば店のおじさんで野球場は土俵...
浦和が沖縄キャンプで精力的に汗 MF矢島も充実
日本ラグビー協会が英会話教室と提携 代表選手の英語力向上へ
明大・善波監督が大学代表を指揮 15年以来の再任
  • このエントリーをはてなブックマークに追加