【第47回トゥーロン国際大会 2019 決勝 ブラジル戦ハイライト】U22日本代表、ブラジルに追いつきながらもPK戦負けで初優勝逃す

【第47回トゥーロン国際大会 2019 決勝 ブラジル戦ハイライト】U22日本代表、ブラジルに追いつきながらもPK戦負けで初優勝逃す

  • LEGENDS STADIUM
  • 更新日:2019/06/16
No image

15日、トゥーロン国際大会の決勝が行われ、U-22日本代表がU-22ブラジル代表と対戦。前半から個と組織に優れるブラジルが日本を圧倒し、前半19分に先制するが、日本は前半終了間際に小川航基のゴールで同点に追いつく。後半に入ると日本がペースを取り戻し、ブラジルを完封。1対1の引き分けで90分を終え、PK戦に突入した。5人全員が成功したブラジルに対し、5人目の旗手怜央のキックが止められた日本。優勝は叶わず、準優勝で大会を終えた。

初めて決勝に進んだ日本。スタメンはGKオビ・パウエルオビンナ、3バックに右から大南拓磨、岡崎慎、田中駿汰。ダブルボランチに田中碧と高宇洋。右に長沼洋一、左に舩木翔。2シャドーに旗手怜央と岩崎悠人。ワントップに小川航基が入る、3-4-2-1でスタートした。

決勝までの4試合を15得点無失点で勝ち上がってきたブラジル。ボールキープ、ドリブル、パス、すべてがハイレベルで、立ち上がりから日本を圧倒する。そして前半19分、中央をパスワークで崩すと、最終ラインを抜け出したマテウスがゴール右に流し込み、ブラジルが先制する。

その後もブラジルがボールを支配するが、日本が一瞬の隙を突いて同点に追いつく。前半39分、相手のセンターバックがヘディングでクリアしそこなったボールを小川が反応すると、落下するボールに対してダイレクトで左足を振り抜き、ゴールに突き刺した。

ワンチャンスを活かし、試合を振り出しに戻した日本。後半から、舩木に替えて相馬勇紀を投入。相馬を起点にチャンスを作ると、後半14分には中盤でのインターセプトから、小川が強烈なシュート。GKの正面を突いたが、良い形ができた場面だった。

後半20分、岩崎に替えて三笘薫を投入すると、後半36分に負傷の小川を下げて、神谷優太を送り込む。その後、最後まで両チームとも死力を尽くして戦ったが、勝ち越しゴールをあげられず。勝負の行方はPK戦に委ねられた。

5人全員が成功したブラジルに対し、日本は5人目の旗手が失敗。PK5-4で敗れ、優勝はならなかった。

試合後、横内昭展監督代行は「選手は力を出し切ってくれた。負けは悔しいけど、選手を称えたい。リードされた後も我慢して戦い、後半はチャンスを作れたかと思ったけど、最後はやらせてくれなかった」と肩を落とした。選手の今後に向けては「オリンピックを狙える年代なので、そこに入っていってほしい」とエールを送った。

史上初の準優勝と過去最高位の成績を残したU-22代表。東京五輪のメンバー競争に向けて、コパ・アメリカに選ばれた選手たちにも、大きな刺激になったことだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リオ・ワイダ2位「東京五輪には出場したい」サーフ
野中、日本記録更新のスピードに手応え十分
東京五輪で応援したい!世界で羽ばたく7人の「ビーチの妖精」
「嫌でしたよ」。黄金世代・酒井友之が語るトルシエ戦術とコンバート
[CPサッカーW杯]日本代表は9-12位決定戦でアイルランドに敗れ、過去最高順位には届かず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加